こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回で、SCHOOL OF VBAは、いったん終了します。

今回は、第八回までの総集編で紹介します。




判定ツールを作成

私が作成したツールで、結構、上席にウケがよかったです。

では、紹介したいと思います。




判定ツール 作成手順その1 データベース確認


システムが出力したないようが、A列です。

社員が入力した内容が、B列です。

判定がC列です。




判定ツール 作成手順その2 コード紹介


上のコードは、第八回で紹介しています。



CellsとRangeの説明は、第三回です。


IF構文の判定は、第四回です。

Withステートメントは、第七回です。


MsgBoxは、第二回です。




判定ツール 作成手順その3 コード

判定ツール 作成手順その4 完成図


これが完成図です。

ここがポイント

完成図を見て、ショボいと思った人もいるかもしれません。

しかし、この判定ツールのコードには、VBAの要素が詰まっています。

また、私は、条件付き書式が不便で大嫌いでした。

このツールを作成して、少しだけ自身が付きました。

まとめ

今回でSCHOOL OF VBAは終了します。

みなさんのスキルは、必ずレベルアップしています。

 

大変よくできました。

そしてお疲れ様でした。

 


今回のサンプルファイルは、No101です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事