在庫管理をACCESSとExcelで行う その1

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

ACCESSが苦手な人に向けて最強の検索フォームを紹介しました。


ACCESSがどのようなツールなのかを理解していただけたと思います。

今回は、在庫管理のプロローグです。

在庫管理

今回から紹介する内容は、ACCESSとExcelを連携させて在庫管理を行います。


こんな在庫管理はいやだ

ダメな在庫管理
紙で在庫を管理する
リアルタイムで在庫が反映されない
在庫管理をExcelのみで行うと、Excelの作動が月末になると動きが重くなる

 

こんな在庫管理がしたい

良い在庫管理
データ入力をExcelで行い、都度、ACCESSへ転送する
在庫は、ACCESSで、データベースを作成する
在庫計算は、集計クエリを使う
集計された在庫は、ExcelへACCESSから転送させる
その他、業務の関する雑務をExcelとACCESSで処理させる

ACCESSの限界


ACCESSは、ネットワークドライブ上に設置すると動きが遅くなります。

また、せいぜいが、20人で利用できるくらいです。

今回説明する内容


よくわかるACCESSという書籍は、良書かもしれません。

しかし、書籍でカバーできない緑の部分が、挫折の原因となります。

この緑の部分をメインに解説していきます。

このシステムは、実際に利用していません。

しかし、実際に利用することを想定して作成しました。

正直、公開すると、メンテが面倒なので、趣味で作成しました。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
次回からの内容は、ExcelとACCESSの長所だけを使います。この連携の知識は、きっとみなさんの人生の武器になると思います。

いっしょにがんばりましょう。

 

まとめ

ExcelとACCESSを自由に操作できるようになると、VBAの難しい知識がなくても、

ある程度、人から感動されるシステムを作成できます。

ここから、伊川は、VBAが楽しくなりました。

すでに、サンプルファイルで作成していますが、その作成行程も紹介します。

 

今回のサンプルファイルはありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事