複数条件で、値を参照する

こんにちは。伊川です。

VLOOKUPなんてつかえない2で、SUMPRODUCT関数を利用して、値を参照する方法を紹介しました。

複数条件と言っても、条件は2つでした。

今回は、条件が、3つでも、4つでも対応できます。

このブログは、こんな人にお勧めです

・VLOOKUP関数で、複数条件で検索ができなくて困っている人
・参照条件が複雑で、思い通りに、値を抽出できない人

今回のお題


この案件は、私が運営しいてるYouTubeのコメント欄に質問がきたのきっかけでした。

上の表の【●:クロマル】を下の表に転記したいという内容でした。

VLOOKUP関数では、無理です。

SUMPRODUCT関数でも怪しいです。

配列をつかう

ここでは、配列という新しい技を使うことで参照が可能になります。

このサイトでは、配列はまだ、一度も説明はしていません。


これが配列のイメージです。

箱に名前がついています。(この場合は、0,1,2,3,4)

その箱に数字が入っています。(この場合は、4,2,1,5,3)

伊川
まだ、このサイトでは配列は紹介していません。
今回の題材は、私の動画で、視聴回数が多かったので取り上げました。
配列は今後、紹介していきます。

 

今回の配列を利用する場所


開発⇒A というように、対応しいてる、A列、B列に関して、配列を使います。

配列が利用できるようになると、複雑な計算式も、簡略化できる場合がありますので、ぜひ、皆さんのスキルにしてください。

今回、設定する数式の考え方


課題AとA列とB列が合致したものを表示すると考えます。

そして、メインで使う関数は、INDEX関数、MATCH関数になります。

数式は、音読できるようになると、スキルはかなり向上します。

なぜならば、音読できるということは、理解できているということだからです。



スポンサーリンク

数式を作成する

INDEX関数とMATCH関数の組合に関しては、すでに説明済ですので、不明な方は、下のボタンをクリックしてください。

INDEX関数を挿入


表示したい列を選択する


MATCH関数を挿入する


セルを選択して複数条件を設定する


【開発&A&課題A】

セルで選択しますので、右のようになります。【Sheet2!$A2&Sheet2!$B2&Sheet2!C$1】

この数式難しいところは、絶対参照、相対参照を使わなければならないところです。

複数条件に見合ったセルを選択する


A列&B列&セルC1です。

数式で表すと、右のようになります。【Sheet1!$A:$A&Sheet1!$B:$B&Sheet1!C$1】

完全一致を選択する


そうすると、上の図のような数式になります。



配列を使う


数式が完成した時点で、上の図のキーを3つ同時に押します。


配列を使うと、数式の始めと最後に【{}】が入ります。

完成?


空白のところは、【ゼロ:0】になりますので、カッコ悪いですよね。

本当の完成



【&””】をつけることで、解決しました。

まとめ

INDEX関数と、MATCH関数を組合わせて、さらに、配列も加えることで、複雑な条件でも値を参照することができました。

INDEX関数と、MATCH関数の組合せは、最強だと思います。

サンプルファイルNo10はです
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事