オートルックアップクエリとは

 こんにちは、伊川です。

ACCESSで挫折する人は、主キーの設定ではないでしょうか?

様々な基本書を見ても、主キーの設定方法は記載していますが、そのエラーの対策までは記載がありません。

しかし、この主キーを理解すると、オートルックアップクエリというオマケがついてきます。

今回は、このオートルックアップクエリについて解説します。

オートルックアップクエリとは、なにか?

それは、光速の参照です。高速ではありません。光速です。

しかも、関数、VBAなど利用しなくても設定できる技なのです。

参照といえば、Excelなら、VLOOKUP関数、ACCESSなら、DLOOKUP関数です。

しかし、VLOOKUP関数、DLOOKUP関数なんて、使うのがバカらしくなるくらいの技です。

スポンサーリンク

オートルックアップクエリ作成手順

参照するテーブルと参照されるテーブルを用意する。

参照されるテーブルとは

下図を見てください。


参照されるテーブルとは、データがすでに入力されているテーブルです。

この場合は、MT_ヒーローとしていす。


この点が重要なのですが、参照されるテーブル、つまり、MT_ヒーローには、主キーが設定されていることが必要です。


参照するテーブルとは

参照するテーブルとは、空のテーブルつまり、なにも入力されていないテーブルです。


この点も重要なのですが、参照するテーブルには、主キーを設定してはいけないのです。


スポンサーリンク

リレーションを設定する。

リレーションとは
テーブルとテーブルをつなぐ事と思ってください。

このリレーションの設定も最初の頃は難しいと思いますが、コツがわかれば簡単です。

リレーションシップの設定手順は下記の通りです。

データベースツールをクリック


リレーションシップをクリック


2つのテーブルをリレーション設定のエリアまでドラック



  • テーブルが並ぶ順序は関係ありませんが、鍵マークのついたMT_ヒーローを向かって左側に設置したほうが、設定しやすいです。

リレーションを設定します。

鍵マークのついたヒーローから、鍵マークのついていないヒーローへドラックします。

そうすると、下図のようなウィンドウが表示されます。


オートルックアップクエリを利用するための確認事項
・やるべきことは、参照整合性にチェックを入れる。
・確認すべき点は、リレーションシップの種類が、一対多になっていること。

完成したら、下図のようになります。


参照されるテーブルには、【1】が表示されます。

参照するテーブルには、【∞】が表示されます。

これで完成です。

オートルックアップクエリを利用する準備をする。

 オートルックアップクエリというだけあって、クエリを作成しないと、オートルックアップクエリは利用できません。

これも、私が、理解できない点でした。では、クエリを作成していきましょう。

クエリデザインをクリックします。



下記のような画面が表示されますので、MT_ヒーロー、MT_ヒーロー入力をダブルクリックします。


そうすると、下記のような画面になります。


クエリの項目を設定します。

.


ここが少し難しいのですが、

ヒーローだけ、MT_ヒーロー入力から選択します。

主人公、敵、技は、MT_ヒーローから選択します。

これで完成です。Q_入力として、保存しましょう。

スポンサーリンク

光速の参照を堪能する。


ブログでは感じることができないですが、動画で堪能してください。

ヒーローに、仮面ライダーと入力すると、主人公が、本郷猛、敵が、ショッカー、技が、ライダーキックと自動的に入力できます。

これが、ACCESSのオートルックアップクエリという技です。

基本技といわれる所以は、関数、VBAを使わなくても、参照できるという点にあるのではないでしょうか?。

しかし、ACCESS初心者には、この手順がわからなくて、挫折してしまいます。

データベースとは
一度入力された値は、二度と入力せずに参照するのが、データベースの原則です。 

ACCESSを利用するときには、忘れないでください。

入力せずに参照するということは、ExcelよりACCESSが優れています。

そして、これが、リレーションという事であり、この理屈がわかると、ACCESSは一気に、皆さんの業務を助けるツールに変身します。

サンプルファイルはNo1です。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事