XサーバーとACCESSを接続

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、ODBCを使ってXサーバーとACCESSを接続します。

ODBC 【 Open Database Connectivity 】
ODBCとは、アプリケーションソフトがデータベース管理システム(DBMS)などに接続し、データの取得や書き込み、操作などを行う方法の標準を定めたものです。
Microsoft社が制定したもので、主に同社のWindowsで動作するデータベース関連ソフトウェアで用いられます。

必要なもの

Xサーバーのレンタル契約
TeraTerm
ACCESSがODBC経由で接続するためのドライバー

Xサーバー

Xサーバー以外でも接続できると思います。

しかし、Xサーバーが一番カンタンだと思います。

Xサーバーを契約したい方は、下記からでも申込できます。

調べた限りでは、さくらレンタルサーバーでもできるようです。

ロリポップは一応接続はできたのですが、MySQLにアクセスができませんでした。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
─────────────────────────────────
・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・高速性を重視し、最新20コアCPU(Xeon E5シリーズ)+192GBメモリ
+RAID10を採用!
・幅広いバージョンのPHPやSSHに対応!
・初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
─────────────────────────────────
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBIH3+GGZSUA+CO4+5ZU2B
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



Xサーバーの設定 作成手順その1 SSH接続


Xサーバーを契約して、サーバー管理をクリックします。





生成しましたら、ファイルをダウンロードします。


このファイルは、接続で使用しますので、大切に保管してください。

Xサーバーの設定 作成手順その2 MySQLにログインできるようにする


データベースを作成








ユーザーが追加されました。

ここからの解説は、xs657840_naokiで解説を進めます。

これでXサーバーの設定は完了です。

TeraTerm

ODBCとは、アプリケーションソフトがデータベース管理システム(DBMS)などに接続し、データの取得や書き込み、操作などを行う方法の標準を定めたもの。Microsoft社が制定したもので、主に同社のWindowsで動作するデータベース関連ソフトウェアで用いられる。

物理学者の寺西高によるオリジナルは、1994年から1998年にかけて開発された。 16ビット版のTera Termと32ビット版のTera Term Proが有り(以降では明記しない限りは16ビット版と32ビット版を明確に区別せずにTera Termと記述する)、telnetによるリモートホストへの接続と、シリアルポートでの接続を可能とし、マクロを備えているのが特徴であった。

XMODEMやZMODEMなどのバイナリ転送プロトコルもサポートしており、パソコン通信やUNIXへのログインに好く使われていた。 組み込み分野ではハードウェアにシリアルポートで接続し、機器の試験のためにマクロ機能が利用されることも多かった。

TeraTermの設定 作成手順その1 TeraTermをダウンロードする


 

TeraTermの設定 作成手順その1 インストールする







インストールをクリックすると、完了します。

TeraTermの設定 作成手順その2 Xサーバーのと接続する


この画面が表示されますが、いったん、閉じてください。

SSH転送を設定する




これで完了です。

接続を確立する






ダウンロードしたKeyファイルを設定する



ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回は特にポイントはありません。この順にやっていけば、TeraTermの設定まではできると思います。

 

まとめ

今回はここまでにします。

次回はACCESSの設定を紹介します。

今回のサンプルファイルはありません。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事