XサーバーとACCESSをODBC経由で接続をする その2

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

前回は、TeraTermを使って、Xサーバーと接続を確立するところまで解説しました。

今回は、ACCESSとリンクさせます。

Xサーバーのお申込みは下記から
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
─────────────────────────────────
・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・高速性を重視し、最新20コアCPU(Xeon E5シリーズ)+192GBメモリ
+RAID10を採用!
・幅広いバージョンのPHPやSSHに対応!
・初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
─────────────────────────────────
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBIH3+GGZSUA+CO4+5ZU2B
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ACCESSのバージョンを確認する


32ビットです。

ACCESSとMySQLを接続するドライバーをダウンロードする

私の使っているACCESSは32ビットですが、64ビットでも、32ビットを、インストールしたほうがいいみたいです。




ダウンロードが完了しました。

ACCESSとXサーバーの接続を確立 作成手順その1 ドライバーをインストール




このように進んでいくと、インストールが完了します。


Windowsの管理ツールで確認します。


インストールされました。

ACCESSとXサーバーの接続を確立 作成手順その2 データベース確認


私のACCESSに上のようなデータベースがあります。

MT_馬場コードをXサーバーに転送します。

ACCESSとXサーバーの接続を確立 作成手順その3 接続設定を行う


MT_馬場コードでXサーバーのMySQLに保存されます。





User:XサーバーのMySQL設定時に決めた、ユーザー名

Password:XサーバーのMySQL設定時に決めた、Password

設定は正しくされていれば、XサーバーのMySQLに設定した名前が表示されます。


また、Testをクリックすると、Connection Successful表示されたら完了です。

ACCESSとXサーバーの接続を確立 作成手順その4 ACCESSのデータをエクスポート

エクスポートが完了しました。




転送されました。

ACCESSとXサーバーの接続を確立 作成手順その5 ACCESSでリンクテーブルを作成




作成した接続設定を選択します。


先ほど転送したMT_馬場コードを選択します。


主キーだと思うのですが、設定をするのであれば、お好みで選択してください。


リンクテーブルが完成しました。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
48時間かかりました。今回は本当に接続できないとおもいましたが、何とか接続できました。ODBCで接続するのは、結構、あるあるみたいです。ただし、64ビットのドライバーは使わないようにした方がいいと思います。64ビットを使ったがために、苦労しました。

 

まとめ

もし、ODBCで接続できないのであれば、参考にしていただければ参考にしていただければ、幸いです。

 

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
MySQL, PHPの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事