For ~Next構文を説明

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

前回は、Do~Untilのループを紹介しました。

今回は、For~Next構文を説明します。

MicrosoftのVBAの試験にも必ず出題されるそうです。

また、For~Next構文は、配列とも相性がいいのです。

ループに関しては、まずは、For~Next構文を理解しましょう。





ご視聴者様のコメント

為になる動画をありがとうございます
もっとVBAの動画お願いします

 

For~Next構文

VBAで一番初めに出会うループの構文です。

最初は意味も分からず色々なループを試して、ループが止まらなくなり、強制終了したこともあります。

今回は、本当に基本的なことを紹介します。




For~Next構文 作成手順その1 データベース確認







For~Next構文 作成手順その2 コードを確認

Worksheetをセットする

変数 I の意味


変数Jの意味(このJがループします)

転記の表現方法

この表現の方法も、難しいと思います。

しかし、この表現の方法は、頭の中で想像して考えると理解できます。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
こんなカンタンなコードですが、ループの内容が詰まっています。理解できない場合は、コードを書いてみてください。

コードをコピペするのもいいですが、書き写すことで、実力は向上します。

 




まとめ

前回と今回で、ループを紹介しました。

次回は、Do~UntilとFor~Nextを比較したいと思います。

今回のサンプルファイルは、No134です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事