ExcelとACCESSは似て非なるもの

こんにちは、伊川です。

Excelを憶えて、ACCESSにデータ移行をする場合、どうしてもExcelとACCESSの違いついて考えることがあります。

ExcelとACCESSはまったく別物です。

大根と人参くらい違います。

今回は、ExcelとACCESSの違いについて説明します。

このブログは、こんな人にお勧めです。

・ACCESSとExcelの違いがわからない人

・今後、ExcelのデータをACCESSに移行したいと考えている人

Excel

Excelの説明はするまでもないと思いますが、肝心なのは、表計算ソフトということです。

ピンとこないかもしれません。

私は、自分の部下に説明するときは、

Excelは、「世界で一番頭の良い電卓」と説明します。

Excelを利用するメリット

・計算ができる

・ワープロとしても使える

・色の装飾がカンタン


こんなシートを作成できたら、それだけで、仕事ができるように思えますね。

伊川のExcelの用途

・シフトの作成

・成績順位の作成

・仕事の量(KPI)を算出

・競馬の予想に使う

・筋トレのメニューを作成

・競馬の予想につかう

ACCESS

よくNET上では、ACCESSはリレーショナルデータベースを使えることがExcelより優れているといわれます

リレーショナルデータベースってどんなもの?

リレーショナルデータベースってこんなものです。


この赤枠で囲まれた、レースID馬というキーで、すべてのテーブルがリレーション(手をつなぐ)されています。


これが、ものすごく便利なのです。

レースID馬でリレーションされている値は、自由自在に参照することができます。

ACCESSを使うメリット

・大量のデータを扱っても平気

・データを変幻自在に利用でるクエリという技がある

・主キーがあれば、ある程度の削除、更新、追加等、何でもできる

・オートルックアップクエリが利用できる

伊川のACCESSの用途

・データの蓄積に利用

・クエリを使って欲しいデータを作成

・競馬のデータを蓄積している

・クエリを作成して、競馬に関して欲しいデータを抽出

・資格試験の過去問をベータベース化している

スポンサーリンク

クエリとはなに?


※Excel2016以降は、PowerQuery, Power PowerPivot が使えるようになりました。

先ほどから、クエリという言葉が出てきています。


2つの表の違いがわかりますか?

似ているようですが、非なるものです。

向かって左側がテーブル、向かって右側がクエリです。

テーブルからクエリを作成するのですが、容姿が同じでも、クエリに変わった瞬間に、表のデータは変幻自在となります。

Excelで使う、ワークシート関数を利用して、右から2番目の文字を抽出できるというような技が使えます。

テーブル、クエリを身近なものにたとえる

テーブルとは、概念てきなもので、データが単純にはいっているだけです。

冷蔵庫のようなものです。


冷蔵庫にあるものは、通常は、古いものから手前にあるとおもいますが、順番、IDなどは振られていません。

だから、食品は、大雑把に、冷蔵庫に収納されています。

では、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、牛肉をとりだすとします。

取り出すときは、

・古い順番に取り出す

・取り出した食品で、カレー、シチュー、肉じゃがを作る

このように、冷蔵庫(テーブル)から取り出した食材は、人間の手によって(クエリ)、

古いものから取り出し、調理する。作る料理は、その日の気分で違いますよね。

素材から、どのようなデータを抽出して、データ作成をする。これがクエリなのです。

もちろん、Excelでもできます。

しかし、ACCESSで、行うほうが、早いし、カンタンだし、優れているのです。

ワンポイント解説

ACCESSはテーブルを作成すると、勝手に、オートナンバーが振られ、IDが主キーとなります。

ある程度、テーブルを整理するために、ACCESSが私達に便宜を図っているとおもってください。

伊川
この、オートナンバーの主キーが自動で設定されているのは、
ACCESSの理屈がわかるまでは、理解できないと思います。

 

まとめ

餅は餅屋といいます。

それぞれに優れたものをつかう。

人事で言うならば、適材適所の配置というところでしょうか?

ACCESSは、Excelより、ジャジャ馬ですが、乗りこなせるようになると面白いです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事