お好みのデータをExcelへ転送

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回も競馬ネタです。

Excelから、お好みのデータをACCESSから転送します。

これができたから、前回紹介した、直結式の馬券本をACCESSとExcelで作成しようと思いました。


スポンサーリンク



ACCESSとExcelの連携

何度かブログで紹介しました。

難しく思えますが、コードはコピペで対応できます。

大半は、在庫管理で紹介しています。

今回は、肝心な部分のみを紹介します。




お好みのデータをExcelへ転送 作業手順 その1 データベース確認


上記のデータベースを選択して、Excelへ転送します。

この方法を思いついたのは、ひらめきでした。

99%の努力は、1%のヒラメキが無ければ無駄になります。




お好みのデータをExcelへ転送 作業手順 その2 3連動のコンボを利用する

連動コンボボックスは上の記事で紹介しています。

欲しいデータベースを、間違いないように連動コンボボックスにしています。

この選択を間違えると、的中馬券が遠ざかります。




お好みのデータをExcelへ転送 作業手順 その3 転送コードに変数を仕込む

変数、a は、Range(“B2”)と設定しています。


上の赤枠を転送コードに変数を使って表現しました。

こんなにも便利なのかと思いました。

但し、下記の書籍には、変数は、長くなってもいいので、分かりやすい変数を記載するようにと記載がありました。

また、変数の決め方も記載がありました。

目からウロコといった感じでした。

レベルアップしたい人はぜひ、一読してもてください。




お好みのデータをExcelへ転送 作業手順 その4 変数の設定ができないとどうなる?

作成し始めたばかりなので、テーブルが、15くらいしかありません。

直結式のデータベースは、200くらいあります。

変数を設定しなければ、200通りのExcelへの転送コードを記載しなければなりません。

そんなことをしていたら、万馬券も、夢のまた夢になります。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
初心者のころは、VBAは難しく感じます。何度も挫折しました。

しかし、不撓不屈の精神で、乗り切ってきました。

そして、ある日突然ヒラメクことに、感動を覚えることができます。

 




まとめ

何度も言います。

競馬ネタですが、応用すれば、みなさんの業務にきっと役立ちます。

お互いに精進しましょう。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事