第四回目 SCHOOL OF VBA 講義内容

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、条件判定について解説します。

IF構文は、VBAにおいて本当に重要な構文になります。

世間一般では、IFになると、難しいと思われがちですが、普通に考えると理解できます。

フローチャートや、真、偽のような言葉を見ると難しく感じます。

条件判定

条件判定 作成手順その1 考え方

VBAでは、いろいろな条件分岐の方法があります。

IF構文、Select Case、Switch構文などがあります。

私は、実務では、IF構文、Select Caseをよく使います。

フローチャートで考えると下記の図のようになります。


IF構文
IF 条件1:○○○○○ Then
条件1が成就したならば、▲▲▲▲▲
Endif
IFで始まる構文は、Endifで締めくくるというルールがあります。

 

このルールだけを覚えてください。

こんな書き方になります。

IF構文については、実際に記載して作動を確認することで、本当に理解できます。

しかし、なかなかできないものです。

今回は、伊川の行動パターンについて、条件判定をします。

条件判定 作成手順その2 もしも、伊川が10,000円もっていたら?


Range(“A1”)に、伊川がお金を10,000円持っている という条件の時に、どのよう行動をするのでしょうか?

判定ボタンをクリックしてください。


Range(“A2”) に、焼肉に行くと表示されました。


判定ボタンをクリックしてください。


Range(“A2”)=”帰る”と表示されます。

これが、条件判定になります。


 

これが二者択一の条件判定になります。

条件判定 作成手順その3 もしも、伊川が30,000円もっていたら?

普段は、30,000円の大金は持ち歩きません。

しかし、大金を持っているときは、行動範囲も大きくなります。


上の図のような条件の時はどうなるのでしょうか?






 

このような複数の条件の時は、Select Caseを利用したほうが、コード自体は見やすいですね。

今回は、Select Caseの説明は割愛します。

条件判定 作成手順その3 判定する条件が複数ある場合は?


Range(“A1”)が、伊 で、 Range(“B1”)が、川のとき、Range(“A2”)に伊川 直助と表示します。


伊川は、And Orを利用するときは、条件全体をカッコでくくります。

このほうが確実だからです。

 

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
条件分岐は、VBAでは必須です。しかし、難しいという先入観で、挫折する人も多いかと思います。

書籍だけではなく、身近なことに置き換えることで、理解しやすくなります。

 

まとめ

例えが、あまりよろしくないかもしれませんが、条件分岐は難しくありません。

自分でコードを記載して試してみることが理解への一番の近道です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事