1~9までのランダムな数字を発生させる

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回も九九を作成します。

段が完全に暗記できたら、ランダムで九九の練習をします。

問題提起

発達障害、算数を理解していない幼児に、九九を教える。

ランダムに九九をいえるようにする。

ランダムの数字を作る

INT関数

指定した数値を超えない最大の整数を返します。

実務では、それほど利用することはないと思いますが、知識としては無駄になりません。

Rnd関数

Rnd関数は、0以上1未満の乱数を返します。

1~9までのランダムな数字を発生させる 作成手順その1 Excelを確認


上の図の赤枠の中に1~9までのランダムの数字を発生させます。

それで、九九を練習します。

1~9までのランダムな数字を発生させる 作成手順その2 コードを仕込む


たったこれだけのコードです。

【もんだい】をクリックすると、赤枠の中をクリアにします。

そして、クリア後に、1~9までの数字を発生させます。


正誤判定は前回と同じです。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
ランダムな数字を発生させることで、

最終的に九九をランダムに練習できます。難しいと思っても、

調べてみると意外に簡単なコードです。

 

まとめ

九九の作成はここまでです。

次回は、ExcelからACCESSへ転送するコードを紹介します。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事