練習した九九をACCESSへ転送してデータベースを作成

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、弱点を克服した練習した九九をACCESSへ転送して、弱点を克服します。

転送のコードは少し難しいですが、コード自体はコピペでできます。

また、転送した九九は、正誤判定していません。

九九の正誤判定は、ACCESSで行います。

 

問題提起

発達障害、算数を理解していない幼児に、九九を教える。

練習した九九をデータベース化せよ

九九の回答をACCESSへ転送

ACCESSへの転送コードは、すべて、【こたえあわせ】の欄に仕込んでいます。

一問解答して、一問転送する。

この形式で行います。

ちなみに、ExcelでセルP1へ日時を入力していたのは、問題を解いた日を入力するためです。

日時を入力することで、成長過程が視覚化できます。

また、この視覚化について、ExcelへACCESSのデータベースへ転送します。

そして、印字できるようにします。

印字は、次回に紹介します。

九九の回答をACCESSへ転送 作成手順その1 転送する前の準備

【ツール】⇒【参照設定】をクリックします。

【Microsoft ActiveXDate Objects 6.1 Library】にチェックを入れます。

チェックを入れないと、ACCESSへ転送できません。

九九の回答をACCESSへ転送 作成手順その2 転送コード確認

 

九九の回答をACCESSへ転送 作成手順その2 転送コードの書き換える場所


コピペをしたら、書き換える場所は、3ヵ所です。

上の図の赤枠の場所だけを書き換えます。

これで、転送コードは完成です。

意外とカンタンではないでしょうか。

 

九九の正誤判定をACCESSで実行

ACCESSでの正誤判定は、IFF構文で行います。

Excelで行うIF構文と同じです。

九九の正誤判定をACCESSで実行 作成手順その1 データベース確認


九九を練習した解答は、上の図のようにACCESSに格納されています。

正誤判定は、空欄になっています。

この空欄をクエリで判定を実行します。

九九の正誤判定をACCESSで実行 作成手順その2 クエリで判定


このような感じで正誤判定ができます。

九九の正誤判定をACCESSで実行 作成手順その3 クエリ作成


判定: IIf([解答]=[段]*[数値],”○”,”×”)

この数式を入力しただけで、判定の欄はすべて、正誤判定をしてくれます。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
データベースは、Excelで管理するよりも、ACCESSへ転送したほうが、断然、便利です。モチはモチ屋です。このスキルを取得すると、会社では、本当に重宝されます。人格が伴ってのお話ですけどね。

 

まとめ

今度は、ACCESSで正誤判定をした結果をExcelへ転送します。

成長過程を視覚化します。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事