ACCESSからExcelへ九九の結果を転送

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、九九の結果をExcelへ転送します。

頑張った結果を、親御様と、子供で共有しましょう。







問題提起

発達障害、算数を理解していない幼児に、九九を教える。

結果をExcelへ転送して、結果を見る。







ACCESSから、Excelへ転送する

今回は、ACCESSからExcelへ転送します。

前回の逆バージョンになります。

難しいようですが、これもコピペで対応できるものになります。







ACCESSから、Excelへ転送する 作成手順その1 転送されるExcelを確認


【けっかはっぴょう】をクリックすると、ACCESSから結果が転送されます。

結果転送だけではつまらないので、枠線も引いてみます。







ACCESSから、Excelへ転送する 作成手順その2 転送コードを確認


コードをかく


コピペをする場合は、上の図の赤枠の2箇所を書き換えます。

それで、完成です。

コードの意味自体は現時点では理解できなくてもいいと思います。

コピペで、動かすということを心がけましょう。







Excelを装飾するコード

カンタンなVBAのコードなのですが、重要な要素がつまっています。

端から端までというコードを紹介します。

Excelを装飾するコード 作成手順その1 コードを確認する


このコードでなにが重要かというと、転送されたデータベースに応じて罫線を無駄なく引けるところです。







Excelを装飾するコード 作成手順その2 完成図


上の図のようになります。

点数までは記載するようにしませんでした。







ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
Excelから、ACCESSへ転送する。ACCESSから、Excelへ転送する。このようなことができると、

仕事の幅が広がります。

社内でも重宝されます。

でも、やっていることは、コピペで対応できるということです。

 







まとめ

今回が、ExcelとACCESSの連携を公開した初めての内容になります。

公開できるほど、カッコイイコードではありません。

しかし、実際に動かすことが重要です。

動くと、もっとカッコイイコードが書けるようにと欲がでてきます。

その、欲が大切なのです。

そして、最後に、九九の正誤がどうであれ、勉強が終わったら、よくできたと褒めてあげてください。

そして、頭をなでてください。

ExcelとACCESSの連携よりも重要なことです。

 






今回のサンプルファイルは、No79です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事