第二回 SCHOOL OF VBA 講義内容

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、MsgBoxの重要性について説明をします。


すでに上の記事で説明をしていますが、再度、もっと噛み砕いて説明をします。

なぜ、MsgBoxが、初心者のVBAの基本書に最初に記載されているのかを説明します。

MsgBox最初に記載されている理由

カンタンなコードでVBAを体験できる

カンタンに体験できるのが、一番の理由だと思います。

MsgBox ”伊川直助”

上のように記載すると、Excelは下の図のように反応します。


MsgBoxの重要性その1
カンタンにVBAを体験できる

 

 

これだけの話です。

そう、これだけです。

しかし、これだけで終わるから、

ってなります。

俺の知りたいことは、こんなんじゃねーよってね。

1つのプロシージャでは、上から順番に処理される

VBAは、上から下に向かって順番に処理されます。

これは、本当に重要です。

このことを知らないばかりに、どんなに時間を使ったことかわかりません。

上の図ですが、このようなことは本当にあります。

例えば、変数の位置が違うだけで、次々とエラーが表示され、なにをやっているのかわからなくなります。

「ニワトリが先か、卵が先か」などという事は、基本、VBAにはありません。


順序を守って、初めてVBAが作動します。

MsgBoxの重要性その2
VBAは、上から順番に処理される

第三者に、VBAの処理が終わりましたと知らせる機能がある

VBAを作成した人は、完了する時点をしっています。

しかし、第三者は、どの時点で、VBAの処理が完了するのかを知りません。


このように、計算が完了しましたと表示させることによって、非常に親切なツールになります。

英語でいうならば、ピリオド(終止符)のような意味合いがあります。

秋止符ではありませんよ。


MagBoxで表示をすることによって、相手に処理終了を宣言します。

MsgBoxに値を表示されることができたら、完成はもう少しという意味がある

MsgBoxに値が表示されるということは、正しく作動しているということです。

NETでサンプルコードを拾ってきても、逆引き辞典で調べても、MsgBoxでコードが終了しているときがあります。


ってなりますよね。

最後までやってよって何度もおもいました。

ここからは推測です。

最後まで、コードを記載してしまうと、エンジニアは、仕事がなくなります。

だから、ほどよい場所でコードの記載を止めます。

一応、動くが、完成形までは作らないのです。

これが、重要なのです。

伊川は、別にエンジニアではないので、最後まで記載します。

MsgBoxの重要性その3
MsgBoxに値が表示されたら、完成まではもう少しだ。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
MsgBox ”伊川直助”わずか、上のコードに、こんな意味合いがありました。どうでしょうか?

カンタンなものほど、奥が深いものです。

なぜ、そこに、コードがあるのか、

意味合いを考えるのも重要なVBAの勉強です。

 

まとめ

本日のMsgBoxの重要性は、本当に重要です。

次回は、Range、Cellsについて説明をします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事