PowerQueryでデータを抽出

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、PowerQueryで、データを抽出します。

ケータイのAQUOSを抽出します。

また、オマケで関数も紹介します。

ご視聴者様のコメント
リハ無しで牧場(OK)ですよ!

 

ご視聴者様のコメント
exact(a2.b2)知りませんでした!
覚えました!仕事ですぐに使えそうですね^_^ ありがとうございます😊
ご視聴者様のコメント
exact 新鮮でした。でも a2=b2と打ち込めば、true,falseは返ってきます。関数を使う意味がないような気もしますが、どうなんでしょう?
power query は全然知らなかった機能なので、次からも楽しみにしてます。

PowerQueryで抽出

前回は、複数条件で、抽出する方法を紹介しました。

順番が前後したかもしれませんが、フィルターを利用するよりも便利です。

上の記事のようにスライサーを使う方法もあります。

今回のお題
  • AQUOSのみを抽出する


スポンサーリンク



PowerQueryで抽出 作業手順 その1 データベース確認


色々な方法がありますが、PowerQueryのほうが一番カンタンなのかなと思います。




PowerQueryで抽出 作業手順 その2 抽出手順

テーブルの範囲を選択します。

列の追加から、抽出を選択します。

その中から最初の文字を選択します。

ケータイの最初の文字が抽出されました。


AQUOSのAだけを選択します。

作業列は不要なので、削除します。


完成しました。

オマケの関数

条件判定をするときは、普通は、IF構文を使います。

しかし、エンジニアが必ず使用する関数があるらしい・・・・・・・




EXACT関数

セルが同じなら、TRUE、同じでなければ、FALSEを返します。

疑う上司は、IF関数でやっつけろ! といいましたが、

今後は、EXACT関数でやっつけましょう。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
PowerQueryよりも、EXACT関数のほうにコメントがきました。PowerQueryも、EXACT関数も、小技ですが、覚えておくと便利です。

 




まとめ

PowerQueryは、他の記事でも紹介しています。

是非、みなさんのスキルにしてください。

今回のサンプルファイルは、No156です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事