空白のセルに連番を振る

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、ExcelのVBAの知識を使って、空白のセルに連番を振ります。

基礎的な知識なのです。

SCHOOL OF VBAで紹介した内容ばかりです。

復習を兼ねて読んでいただければ幸いです。




スポンサーリンク

今回のお題

今回のお題
  • A列が空白の時、B列に空白のセルに連番を振る
  • A列に文字があったら、連番をリセットして、また、1から連番を振る

 

今回の必要な知識

今回必要な知識
  • ループ
  • 最終列の取得
  • 条件判定(IF構文)
  • Withステートメント
  • カウントアップ(A=A+1)

空白のセルに連番を振る 作業手順 その1 データベース確認


上の図のように、

的中の文字があったら、空白、つまり、連番をリセットします。

的中の文字がなかったら、連番を振るという内容を、Excelで表現します。

空白のセルに連番を振る 作業手順 その2 コード解説

空白のセルに連番を振る 作業手順 その3 余談

このVBAを思いついたのは、競馬で、資金を転がすときに、何回目に的中が来るのかをカウントしたいと思ったからです。

競馬には、結構、資金転がしの方法があります。

Excelには、まったく関係ないですが、有名な転がしの方法を2つ紹介します。

モンテカルロ方式

モナコ王国の、モンテカルロになるカジノを無名のギャンブラーが、3店舗を廃業に追い込んだ方法です。

この資金転がしの原則は、必ず、3倍の払い戻しが必要です。

① まず、1、2、3と数字を横に書いてスタート。ベット額は常に、一番左の数字と一番右の数字を足した額となる。つまり、最初のベットはこの場合、$4になります。

② 負けた場合、1、2、3の横に、前回賭けたベット額(つまりここでは4ね)を記録。1、2、3、4となります。

③ 負けた場合、引き続き記録していく方法は、1、2、3、4となったので1と4を足した$5がベット額となります。

④ また負けた場合、記録は1、2、3、4、5となり、$6をベットになります。

⑤ ここでさらに負けると、記録は1、2、3、4、5、6となり、次のベット額は$7になります。

⑥ $6ベットで勝ったとすると、記録は1、2、3、4、5となり、次のベット額は2+4で$6です。(勝った時はベット額の記録はしない。ただ、両端の数字を消すだけ。)

数字がなくなったときには、利益が発生しています。

ココモ方式

1回目の掛け金を100円とします。

1回目を外したら、2回目も、100円を掛けます。

2回目を外したら、3回目は、1回目と2回目に投資した金額を足した金額になります。

つまり、的中するまで、前回と前々回に掛けた金額を投資します。

必ず、3倍の配当が条件です。

ちなみに、私は、80万円をスリました。

もう、20年前のことです。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
趣味が高じてVBAを勉強しました。VBAに出会わなければ、競馬は単に予想ゲームになっていました。

 

まとめ

競馬の予想に利用できるものがあれば、また、このサイトで紹介したいと思います。

今回のサンプルファイルは、No155です。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事