ACCESSのような検索フォームを作成

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

ご視聴者様から質問がきました。

初めて動画拝見させていただきました。、Excelはワークシート内でセル同士を足したり引いたりするような算数程度の使い方しかできない初心者中の初心者の私ですが仕事で以前から入力フォームが作れると楽で便利だなと思っていたので大変参考になりました。関数もマクロ全く知らずVBAと言う存在もこの動画で初めて知りましたが、おかげさまで何とか入力フォームを作成する事が出来ました。ありがとうございました。入力フォームの動画はこれで最後とのコメントが動画内で有りましたが一度入力したしたデーターを入力フォームうぃ使い上書したり特定のリストを検索して入力フォームに表示させて上書するなどの作業をしたいのですがぜひ動画で分かりやすく教えていただけないでしょうか、長文なコメントと図々しいお願い失礼いたしました。宜しくお願い致します。

結構長い内容です。

要するに、ご質問者様には、

  • Excelのスキルがない。
  • でも、ユーザーフォームでデータを抽出して、情報を更新したい

では、早速作成してみましょう。


スポンサーリンク



今回利用する必要な知識

  • ユーザーフォーム
  • リストボックス
  • 動的配列
  • Controlsコレクション
  • ループ
  • ワイルドカード




完成のユーザーフォーム

それぞれのボタンの意味





動的配列を使って、検索フォームを作成

また、配列かと思うかもしれませんが、我慢してください。

そのほか、Controlsコレクションも配列のように扱うことができます。




検索フォームを作成 作業手順 その1 データベースを確認


上の図がデータベースとなります。






検索フォームを作成 作業手順 その2 変数の説明

変数の説明です。

動的配列の宣言を覚えていますか?

記憶が曖昧な方は、上の記事を参照してください。




検索フォームを作成 作業手順 その3 参照するデータベースを格納

これで、参照するデータベースを選択できました。




検索フォームを作成 作業手順 その4 参照されるデータベースを格納





検索フォームを作成 作業手順 その5 条件判定

すでに上記のコードがおかしいのは理解できますか?

ものすごく無駄が多いです。

どんどんループを使う

これで、短縮することができました。




検索フォームを作成 作業手順 その6 動的配列の内容をリストボックスに表現





検索フォームを作成 作業手順 その7 リストボックスへ表現





検索フォームを作成 作業手順 その8 Controlsコレクション

 Activecellはどこ?





検索フォームを作成 作業手順 その9 オマケ






検索フォームを作成 作業手順 その10 完成のコード

検索ボタンのコード


ユーザーフォームに検索データを表現するコード


修正した情報をセルに反映させるコード






ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
ExcelでACCESSのようなことをすることは、結構、難易度が高いです。しかし、配列を理解するにはいいかもしれません。

また、ループを理解するには、配列は、いい教材だと思います。

 




まとめ

さすがに、配列は、いったん休止にします。

最近は、配列しか紹介していません。

また、次回から違う内容を紹介します。

今回のサンプルファイルは、No143です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事