Do~Until とFor~Next

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、ループを比較します。


すでに、Do~Until For~Nextに関しては、紹介済です。

今回は、2つのループを比較します。

ご視聴者様のコメント
おはようございます。昨日少し見させていただいておりました。Withステートメントはよく使うステートメントですか?
昨日メルカリから Excel データーベース 古川順平さんの本買いました。私もVBAいきずまりの一人です。めげずに読み解いていきますね。これからもよろしくお願いいたします。左側のDo Until Loop 少しは理解しました。いつもありがとうございます。ジャンジャンコード記述書いてくださいね。
created by Rinker
¥1,657 (2020/09/29 09:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、本当に良書です。

ぜひ、一読してみてください。



ループ

初心者において、一番初めの壁は、ループではないでしょうか?

ループは、同じことを繰り返すという意味ではありません。

似たような作業を繰り返すことがループです。

なかなか、理解できないのですが、理解するためには、コードを書くことです。

書籍を読んでも、コードを眺めても、理解はできません。


スポンサーリンク



ループ 作成手順その1 データベース確認


達成率と、評価をループで計算します。

ループ 作成手順その2 For~Next構文

For~Next構文は、配列でも使います。

また、MicoroSoftのVBAの試験でも問われるようです。

一番初めに覚えるべきは、For~Next構文です。


今回のコードと比較します。


maxrowが、少し難しいと思います。

maxrowは、A列の4番目から、最後までという意味になります。

つまり、maxrowは、11番目という意味になります。

これは、SCHOOL OF VBAで紹介しています。

このスキルはExcelのVBAに関しては、必須の知識です。




ループ 作成手順その3 Do~Until構文


For~Next構文と少し違います。

私の感覚としては、ExcelのVBAに関しては、For~Next構文を使います。

Excelから、ACCESSへ大量のデータを転送するときにDo~Until構文を使います。

データ転送に関しては、上の記事を参照してください。

では、Do~Until構文を今回のコードと比較します。






ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
ループは、他のコードもあります。しかし、沢山の構文を覚えるよりも、For~Next構文を極めてください。

変数とループを覚えると、VBAは本当に楽しくなります。

 




まとめ

ループも、関数も、VBAも重要なのは、TPOが重要です。

その切り分けも、VBAのスキルなのです。

今回のサンプルファイルは、No137です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事