チェックボックスをカウントする

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

ACCESSでExcelのように、COUNTIFを使ったり、SUM関数を利用したいときがあります。

ACCESSの初心者には、なかなかピンとこないものです。

しかし、ACCESSには、集計機能もあります。

問題提起

(株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は上司から下記の依頼を受けました。

販売機種にチェックが入っている数をカウントしてほしい。

どのようにカウントしたらいいだろうか?





解決策

回答
sesuo2.jpg
・ACCESSもExcelとおなじように、SUM関数を使います。




条件判定でカウントする

  • 合計は、SUM関数を使います。
  • 条件判定は、IIF関数を使います。
  • 表示には、非連結のテストボックスを使います。

非連結に関しては、上の記事で説明をしています。




条件判定でカウントする 作成手順その1 データベースを確認

MT_機種

販売する機種のデータベースがあます。

機種名が主キーです。


t_カウント

今回は、下記のチェックボックスをカウントします。






条件判定でカウントする 作成手順その2 表示するフォームにテキストボックスを設置


YESがチェックボックスにチェックの入った数です。

NOがチェックボックスにチェックの入っていない数です。




条件判定でカウントする 作成手順その2 テキストボックスに数式を仕込む



結構単純な数式ですよね。

Excelとそれほど変わらないと思います。

どこに、数式を入力するのが、わからないのです。

伊川もそうでした。

入力するだけで、ACCESSをあきらめるのは、もったいないですね。

注意点

レコードソースを、t_カウントしないと反応しませんので、注意してください。

iPhone,Androidをカウントする方法は、上の記事で紹介しています。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回は、チェックボックスのカウントの方法です。Excelと似ているところは、理解度が早いと思います。ご自身で、ファイルを作成して検証してみてください。

 

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
集計は、Excelと似ていると思った、阿久 世子男(アク セスオ)なのでした。

今回のサンプルファイルは、No112です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事