スポンサーリンク

IIf関数で整理

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


今回の内容は、上の記事で簡単に説明しています。

今回は、IIf関数を組み合わせます。

問題提起

(株)IKAWAの阿久 世子男

(アク セスオ)は上司から下記の依頼を受けました。

iPhoneとAndroidがどれくらい売れたのかACCESSで算出してほしい。

どのように算出するのだろうか?

 

解決策

回答
sesuo2.jpg
・IIf関数を使って、iPhoneとAndroidを表示させる。・集計クエリを使う。

 

IIf関数

Excelでは、IF関数ですが、ACCESSではIIf関数です。

なぜか、I(アイ)が1つ増えます。


ExcelのIF関数については、上の記事を参照してください。

IIf関数 作成手順その1 データベース確認

上のデータベースから、iPhoneとAndroidを区分しなければなりません。

コードを音読
iPhoneなら、IOSと表示させます。iPhoneじゃなかったら、Androidを表示させる。

でも、iPhoneという文字がない・・・・


IIf関数 作成手順その2 ワイルドカードを使う

コードを音読2

・iPhoneという文字を含んでいたら、IOSと表示させます。

・iPhoneという文字を含まなければ、Androidを表示させる。


ワイルドカードについては、上の記事を参照してください。

IIf関数 作成手順その3 クエリを作成する

合計を算出するために、機種のデータベースを作成します。



上のクエリを実行します。


完成しました。

IIf関数 作成手順その4 リレーションで集計用のクエリを作成


このクエリを実行します。


IIf関数 作成手順その5 集計クエリを使う


集計クエリをクリックします。

    • OSはグループ化します。
    • OSはカウントを選択します。


完成しました。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
集計はExcelというような感じになります。しかし、ACCESSには、Excelにも負けない、集計機能があります。ぜひ、使いこなしてください。

 

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
集計クエリは本当に便利です。実務では、大量に集計をするときがあります。その時は、Excelよりも、ACCESSが便利です。

今回のサンプルファイルは、No105です。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事