ACCESSから、閉じているExcelへデータ転送

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

ブログで紹介した事例

ACCESSからExcelへ転送する


Excelから、閉じているExcelへ転送


このよな技を紹介しました。

まだまだ、たくさんあるのですが、今回は、ACCESSから、閉じているExcelへデータを転送します。

問題提起

 

(株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は上司から下記のような依頼を受けました。

ACCESSで登録した内容をリアルタイムでExcelで確認したい。

こんなことができるのだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・OLEオートメーション機能を利用するとACCESSから、Excelへ連携ができます。

 

Object Linking and Embedding

Object Linking and Embedding (OLE、オブジェクトのリンクと埋め込み)は、マイクロソフトが開発した、オブジェクトをやり取りするための仕組み・規約である。 開発者に対しては、OLEコントロール拡張(OLE Control Extension, OCX)のような、カスタムユーザーインターフェイス要素の開発と利用をもたらす。 技術詳細的には、OLEオブジェクトは、IOleObjectインターフェイス[1]を実装した何らかのオブジェクトである(オブジェクトの要求仕様によっては、他のインターフェイスをともに実装していることもある)。

 

なんかよくわからないですが、要するに、ことなるアプリケーション同士でも、操作できますということを言っています。

ACCESSからExcelへデータ転送 作成手順その1  データベース確認


今回は試験運用なので、データベースはありません。

「レコード検索」のボタンを押すとExcelにデータ転送が開始します。

ACCESSからExcelへデータ転送 作成手順その2  ボタンにVBAのコードを仕込む

上の図がコードの説明になります。

 

ACCESSからExcelへデータ転送 作成手順その3  コードを実行する


処理が実行されました。

実務では、通常このような処理はしません。

フォームに入力したものを、さらにExcelへ転送すると思います。

フォームに入力した値を、Excelへ転送する場合は、また、次の機会に紹介します。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
しかし、実務ではマレでも、どの用に実現するかということは、VBAの思考回路を鍛えるのにとても重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
もっと貪欲にスキルを身につけようと思った阿久 世子男(アク セスオ)なのでした。

今回のサンプルファイルは、ありません。完成のファイルを用意しますので、おまちください。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事