関数の設定を早く設定するにはどうするか?

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、Excelの関数の設定をするに必須となるスキルがあります。

それが絶対参照と相対参照です。

絶対参照と、相対参照をしらないと苦労します。

今回で、ぜひ身につけてください。

問題提起

 

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、上司から下記のような依頼を受けました。

・新人にExcelを使って、集計関数を教えて欲しい。

・期間は1週間とする。

どこから、Excelを教えたらいいだろうか?

解決策

 

回答
sesuo2.jpg
・柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、相対参照と絶対参照から教えます。

 

相対参照と絶対参照

相対参照 具体例 その1

Excelで関数を設定する際に、セルA1だけに関数を設定するというのは、通常はありえません。

たくさんのセルにたくさんの関数を仕込みます。

その際に、相対参照と絶対参照を理解する必要があります。


今、セルのA3に伊川直助と表示されています。

セルA4に、「=A3」と入力すると、セルA4にも「伊川直助」表示されます。


セルA3をコピーすると、A3の数字の部分、つまり、3から、値がドンドン増えていきます。

これが相対参照です。

これは、Excelが勝手にやっていることなのです。

Excelが、値をドンドン増やすほうが便利だと思っているのです。

絶対参照 具体例 その2

いくらExcelが便利と思って、値を増やしたとしても、便利さが、アダになるときがあります。

相対参照を回避するのが絶対参照なのです。


上の図をみてください。

Aをドルマーク($)が挟んでいます。

このドルマーク($)がつくとExcelは、相対参照をやめます。

セルA3しか参照しません。

これが、絶対参照なのです。

中間参照 具体例 その3

中間参照という言葉は、伊川が勝手に作った造語です。

実際には、Excelにはありません。


上の図を見てください。

今度は、ドルマーク($)は、みなさんから向かって左側にしかついていません。

つまり、A列のみを固定して、数字の部分は、値が増えていきます。

中間参照 具体例 その4


上の図を見てください。

今度は、ドルマーク($)は、みなさんから向かって右側にしかついていません。

つまり、値のみを固定して、アルファベットは、A,Bと増えていきます。

実践例 その1


上の図は、一見、普通の連番です。


カラクリは上の図のようになっています。

セルA2に、「=A1+1」と入力します。

あとは、下に向かってコピーをすると連番が完成します。

実践例 その2


セルB2に「=B+1」と入れました。

5桁の数字が表示されました。

これは、シリアル値といわれています。

1900年1月1日からカウントして、本日が、何番目なのかをシリアル値といいます。

つまり、Excelが、シリアル値を勝手に変更して、日付型に変更していたのです。

上の図では、書式設定を日付型に変更しないと、正しく表示されません。

しかし、1月から、2月に変わった場合、1月1日を2月1日に変更するだけで、2月1日以降はすべて変わります。

これがとても便利です。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
日付をコピーしても、Excelは、シリアル値をドンドン増やしているだけで、シリアル値を、勝手に日付型に変更しているので、日時が、ドンドン増えていくように見えるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
少し、難しい内容かもしれませんが、柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、新人に一生懸命説明しました。次は、集計関数ですね。

今回はサンプルファイルはありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事