あいまい検索は、ワイルドカードで解決

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

本日は、あいまい検索ときっちり検索を紹介します。

ACCESSのVBAを勉強するまでは、ワイルドカードなんて知りませんでした。

問題提起

 

((株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は、上司から下記のような依頼を受けました。

データベースに入力した値に統一性がないため、あいまいに検索できるようにしてほしい。

なにか良い方法はあるだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・DoCmd.ApplyFilterと、ワイルドカードを組み合わせて解決

 

ワイルドカード

ワイルドカードはACCESSで頻繁に使います。

クエリの抽出では、ワイルドカードは必須だと思います。

ワイルドカードはいろいろな使い方があると思います。

しかし、このブログで紹介する内容だけ覚えておけば、実務でこまることはありません。

あいまい検索フォーム 作成手順その1 データベースを確認


上の図のようなデータベースがあります。

右上のボタンに、それぞれの検索コードを記載していきます。

あいまい検索には、ワイルドカードも一緒に仕込みます。

あいまい検索フォーム 作成手順その2 コードを仕込む

検索フォームの作成方法に関しては、何度も紹介しています。


上の記事を確認してください。


たったこれだけのコードです。

ワイルドカードは、前方一致、後方一致、不一致等があります。

今回紹介したのは、「○○を含む」という書き方です。


上の記事でワイルとカードの内容は詳しく記載しています。

興味のある人は、ぜひ、確認をしてください。

あいまい検索フォーム 作成手順その3 検索を実行する


あいまい検索をクリックすると、「あい」を含むものが表示されます。


きっちり検索をクリックすると、「あい」だけが表示されます。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
クエリでワイルドカードは一度紹介しました。ワイルドカードは、フォームでも利用できます。もちろんExcelでも利用可能です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
クエリでも、フォームでも、ワイルドカードを利用できることを学んだ阿久 世子男(アク セスオ)なのでした。

今回のサンプルファイルは、No68です。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事