PowerQueryを使って複数条件で抽出

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回もPowerQueryを紹介します。

紹介する内容は、PowerQueryを使って、複数条件で抽出をします。


スポンサーリンク

PowerQuery

PowerQueryを何度か紹介していますが、本当に便利になったものです。

Excelをテーブル化することで、まるでACCESSのように扱えます。

今回のお題
  • 4月15日以前
  • かつ5月15日以降のデータを抽出

 

複数条件で抽出 作業手順 その1 データベース確認

契約日を起点にします。

複数条件で抽出 作業手順 その2 PowerQueryを使う

契約日の中から選択します。

日付を選択します。

現在のものを置換を選択します。

条件列の追加を選択します。

条件を追加します。

カスタム列のnullのチェックを外します。

カスタム列は、不要なので、削除します。


PowerQueryを閉じて完成です。



ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
さんざん、VBAや関数を紹介しました。しかし、そんな技が虚しくなるような機能です。PowerQueryは絶対に覚えるべきです。

 

まとめ

順番が前後しますが、次回は単一の条件で抽出します。

今回のサンプルファイルは、No153です。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事