第一回 SCHOOL OF VBA 講義内容

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回から、本当に初心者の人でも理解できるように、ExcelVBAを講義形式で説明をします。

本当に基礎から説明をします。

VBAを利用したいけど、難しいと思っている初心者の人は、ぜひ読んでください。

VBAのコードを記載するための準備

開発タブを表示させる

Excelを起動してください。

規定の設定では、VBAは利用できません。



「リボンのユーザー設定」をクリックします。


「開発」にチェックを入れます。


VBAのエディタの設定

「ここでは」、ショートカットキーで起動しましょう。


「Alt」+「F11」を同時に押します。


この画面でVBAのコードを記載して、実行し、やりたいことを実現させます。

VBAエディタの文字の大きさを設定します。


「ツール」⇒「オプション」の順にクリックします。


文字の大きさを設定できます。

私は、少し老眼になってきましたので、24に設定しています。

また、この文字の設定変更は、ご視聴者様から教えていただきました。

VBAエディタの文字の色を設定します。

設定項目
標準コード:数値や文字列などの値など
選択された文字
構文エラーの文字
次のステートメント:実行時エラー、Stopなどで停止している次のステートメント
ブレークポイント
コメント
キーワード:Sub,Dim,SetなどのVBAの予約語
識別子:変数、定数、オブジェクト、メソッド、プロパティなど
ブックマーク
呼び出し元

たくさんの項目に色を設定することができます。


伊川のコードの設定


これで、VBAのコードを記載するための準備が完了しました。

マクロの記録を使てみる

Excelには、VBAの知識がなくても、自動で、作業を自動化してくるマクロの記録をいう機能があります。

マクロの記録を使うメリット・デメリット
メリット
・VBAを知らない人でも Excelが作業を記録してくれます。
デメリット
・応用力がつかないので、実力にはならないです。

マクロの記録 作成手順その1 データベースを確認


マクロの記録 作成手順その2 マクロの記録を実行する


マクロの記録を実行します。


上の図の画面が表示されますので、「OK」をクリックします。


このように普通に操作します。

「記録終了」の表示されているときは、マクロが記録中です。

操作が終了したら、「記録終了」をクリックします。


そうすると、「マクロの記録」にもどります。

作業完了です。

マクロの記録 作成手順その3 記録されたマクロを確認する

記録されたマクロは、標準モジュールという場所に記載されています。

上の図のように、Excelが勝手に記載してくれます。

マクロの記録 作成手順その4 記録されたマクロを実行する


では、Excelに作業手順でコピーした表を削除してマクロを実行すます。

「開発」⇒「マクロ」をクリックします。


「実行」をクリックします。


マクロが実行されました。

これで完了です。

動画の中では、競馬のオッズをコピぺしていますが、ここでは割愛します。

スポンサーリンク

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
マクロの記録は便利です。まったくマクロがわからなくても、自動で動きます。自動で動く感動を味わってください。

 

まとめ

今回は本当に基礎からの内容を記載しました。

遊び心で動かしてみてください。

次回は、MagBoxの内容について説明します。

 

今回のサンプルファイルはありません。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事