VLOOKUP関数を日本語にしてみる

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

最近VLOOKUP関数関連のブログを公開しています。


以前にユーザー定義関数を紹介しました。

ユーザー定義関数で、VLOOKUP関数のようなものを作成できないのか?

そんなことを記事にしてみたいと思います。

問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は趣味で考えました。

ユーザー定義関数でVLOOKUP関数は作れるのだろうか?


スポンサーリンク

解決策

回答
sesuo2.jpg
・VBAの基礎を知っているとどんな関数でも作成可能です。

ユーザー定義関数

配列、条件分岐など、ユーザー定義関数は、様々は処理ができます。

VLOOKUP関数モドキを作成してみます。

VLOOKUP関数モドキ 作成手順その1 データベース確認


真ん中の、IDを起点に、名前と続柄を表示したいと思います。

VLOOKUP関数モドキ 作成手順その2 ユーザー定期関数の作成方法

ユーザー定義関数は、必ず、合否判定、税金がサンプルとして紹介されます。


しかし、この上の記載が基本形となります。

この点を理解しておきましょう。

VLOOKUP関数の公式


この中身をユーザー定義関数で表現します。

VLOOKUP関数モドキ 作成手順その3 VLOOKUP関数を日本語で書く

要所は、英語になりますが、ふんだんに日本語を使って作成しました。



上の図は、結局、処理する関数の型を決めているのです。

結果的に、プロシージャ名の後ろを確認すると、すべてではないけど関数の中身がわかります。

VLOOKUP関数モドキ 作成手順その4 実際に使ってみる



私が作成した関数のダイアログボックスが出てきました。

VLOOKUP関数に似ていますね。




1に設定すると、伊川直助が表示されます。


-1に設定すると、左側を参照できます。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
基本書では、ユーザー定義関数は、本当に少ししか記載されていません。しかし、ユーザー定義関数を理解すると色々な事ができます。

 

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
ユーザー定義関数は、本当に便利と思った柄久 瀬瑠子(エク セルコ)です。配列も、もっと理解を深めたいとおもいました。

 

今回のサンプルファイルは、No128です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事