社内で利用している自分のパソコンは、なぜに、あんなにもショートカットが増えるのかいまだに疑問です。

まるで、雑草のようですね。

そんな散らかった、デスクトップ画面をクリーニングします。

スポンサーリンク

散らかったデスクトップ画面をVBAでクリーニング

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、少し、ゆるい内容を紹介します。

月に何度か、デスクトップ上のアイコンを整理することはありませんか?

私はあるあるなのです。

リンク切れのショートカットキーや、全然利用しないショートカットと思いきや、

「このファイルどこにあるの?」

って、半ギレで言ってくる輩等。

まさに、外に出ると7人の敵が待つという状態ですね。

Naosuke
私など、敵ばかり

そんな悩みは、Excelでリンク集を作成しましょう。

きっと、あなたのデスクトップ画面は綺麗になるはずです。

 

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • VBAを勉強し始めた人
  • 散らかっているデスクトップ画面が嫌な人
  • いつも、同僚や、上司に ファイルの有か確認される際に、理不尽切れられているか弱い人

 

このブログを、読み終わるころには・・・・

今回は、カンタンなVBAです。
読み終わる頃には、VBAは便利だと実感できると思います。
あなたのデスクトップ画面を整理整頓しましょう。
スポンサーリンク

VBAではなく、ハイパーリンクではだめなのか?

全然問題ないです。
パイパーリンクでもいいですが、Excelから、ACCESSを起動するということはできないと思います。
私の会社では、Excel、フォルダ、インターネットエクスプローラー、ACCESS等を起動します。
ハイパーリンクでは、少し物足りない感じです。
ここで注意点があります。

Naosuke
調子に乗って、VBAを組み始めると、
この人は、できる人なんだと思われ、いつの間にか、システム担当になっていることがありますので、注意してください。
そうなると、後戻りできない状態になります。

デスクトップ画面を整理整頓 作業手順 その1 Excelファイルを起動するコード

 

Set openExcelFile = Workbooks.Open(“D:\tenso\検証.xlsx”.xlsx”, Password:=”※※”)

Exceは上記のコードで起動します。

もし、書込PWが設定されている場合は、下記のコードになります。

Set openExcelFile = Workbooks.Open(“.xlsm”, Password:=”※※”, WriteResPassword:=”※※”)

最近は、コンプライアンス上、ファイルにPWを設定しますが、上記のように設定すると、何でもきます。

正直、何で、こんな長いPWを設定するのかと思うようなPWもありますが、セキュリティ上の観点からは、やめたほうがいいです。

デスクトップ画面を整理整頓 作業手順 その2 フォルダを起動するコード

 

 

このコードになります。

フォルダも、同じフォルダを何度も開くときがあり、フォルダが10個以上開いているときがありますね。

IF構文とかで、制御できるでしょうけど、面倒なので、そんなことはしていません。

以前に紹介しました、月ごとにフォルダを作成する場合がありますが、その場合は下記の記事を参照でいください。

月初に、パスを書き換える煩雑な手間がなくなります。

マメ知識

 

集計ファイルは、クオーター毎、または3か月毎に作成するのがほとんどだと思います。

例えば、今月が、2021年9月ならば、下記のようなファイルを作成してはいけません。

月初に必ず、パスを変更することになるからです。

当社は、通常は、3か月単位で集計しますのでこのように、変更してほしいと言いました。

それは、ACCESSのデータ抽出条件に、

  1. 当月(月初から今日まで)
  2. 先月
  3. 先々月

このように記載すれば、月初のパス変更はしなくても大丈夫だからです。

VBAのスキルを向上するには、何かに置き換えるというのが、重要です。

Naosuke
「おい、2021年9月の集計表はどうなってる?」

こんな言い方はしません。

Naosuke
「おい、今月の集計表はどうなってる?」

このように言うはずです。

ならば、VBAでも今月を書けるはずです。

Naosuke

この発想が大切です。

シートの一番下は?

シートの一番右端は?

このように置き換えれると、VBAは楽しくなります。

デスクトップを整理整頓 作業手順 その3 インターネットエクスプローラーを起動

これは、よく開くWEBサイトように使っています。

社内WEBなども開くことができます。

但し、インターネットエクスプローラーは、12でサポートが終わりますで、他のコードを利用したほうがいいでしょう。

IEを利用する際は、Microsoft Internet Controls にチェックをいれてください。

デスクトップを整理整頓 作業手順 その4 ACCESS(他のアプリ)を起動

 

Shellは、外部のプログラムを起動するのに使います。

Shell “notepad”, 1

このように記載すると、メモ帳が起動します。

何かの際に、メモ帳の起動も記載しておくと便利です。

マメ知識

 

Shell “C:\Windows\Notepad.exe”, 1

メモ帳を起動するには、上記のようにも書けます。

1番始めのShell “msaccess.exe “”.accdb”””, vbNormalFocusと比べるとクォーテーションの数が違います。

なぜか?

Naosuke

パスにスペースがあっても、エラーが発生しません

ここ重要

意図的なのか、稀に、パスにスペースが入っていると、Shell”※※ ※”のような場合はエラーが発生します。

しかし、クォーテーションを増やしておくことでエラーは発生しません。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回紹介した、Excelでリンク集を作成しておくと、デスクトップ画面のショートカットは減ります。
断言したいのですが、やっぱり散らかります。
性格の問題なのでしょうね。
私は、ガサツな性格なので、どこまで言っても、ショートカットキーが減ることはないと思います。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています
初心者でも、すぐに、集計、プレゼンができるようになる。書籍だけの勉強は今すぐやめよう!
電子書籍で、AMAZON1位
専門のスタッフが、電話、チャットで完全サポート
大手パソコンスクールよりも、圧倒的な低価格

まとめ

今回は、少しゆるい感じでやってみました。
ニッチなこともやりますが、カンタンなこともやっていこう思います。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回のサンプルファイルはありません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事