スポンサーリンク

SUMIF関数の単純な合計以外の使い方

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

以前にSUMIF関数を紹介しました。

人毎に合計を算出する関数です。

しかし、SUMIF関数にはもっと他の用途で、便利に使うことができます。

問題提起

 

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は上司から下記のような依頼を受けました。

本日までの合計を自動で計算できるツールをExcelで作成してほしい。

どのように数式を作成するのだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・SUMIF関数とToday関数を利用で数式を作成する。
スポンサーリンク

SUMIF関数とToday関数

SUMIF関数は条件付で合計を算出する関数です。

Today関数は、本日の日付を返す関数です。

SUMIF関数で合計する条件が、本日までとなるので、Today関数を使います。

本日までの合計 作成手順1 データベースを確認


上の図のように、本日までの所持金の合計を算出したいとします。

因みに、本日は、2019年12月5日です。

本日までの合計 作成手順2 数式を仕込む

今回は、関数を組合わせますので、少し難しいかもしれません。


赤枠の中に数式を仕込みます。

単品で関数を利用するなら、数式のダイアログに入力するのですが、関数を組合わせる場合は、ベタ打ちのほうがわかりやすいです。


上の図のように「=sumif」と入力すると、SUMIF関数を作動させるために、必要な項目が表示されます。

SUMIF関数
範囲:日時を選択
検索条件:本日まで(Today関数を使う)
合計範囲:所持金を選択


上の図のように、セルC1~セルAB1まで(日付の最後まで)を選択します。

そして、この日付は動かすことがないので、絶対参照にします。


本日までという記載は、ダブルクォテーションと不等号とアンパサダを使って記載します。


本日までが完成したら、後は合計範囲を選択します。

これで完了です。


ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
今回は、関数を組合わせました。毎日、本日までの合計を修正するよりも、関数を組合わせることで、毎日の修正の手間がなくなります。VBAもワークシート関数も、組合わせることで、とても便利になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
何とか上司の要望に答えることができました。関数を組合わせることが、楽しくなってきた柄久 瀬瑠子(エク セルコ)なのでした。

 

今回のサンプルファイルは、No61です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事