Resizeとユーザー定義を組み合わせる

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


前回は、Resizeをのみを紹介しました。

今回は、Resizeとユーザー定義関数を組み合わせます。

Resizeとユーザー定義関数

ユーザー定義関数と、Resizeを組み合わせて、管理表のようなものを作成します。

Inputboxを利用して、色と済を付けます。


Resizeとユーザー定義関数 作業手順 その1 作成するのに必要な知識

  • ユーザー定義関数
  • Withステートメント
  • InputBox

Inputboxに関しては、軽く上の記事で説明しています。

Resizeとユーザー定義関数 作業手順 その2 ユーザー定義関数の説明

Resizeとユーザー定義関数 作業手順 その3 Inputboxの数値を探す

Resizeとユーザー定義関数 作成手順 その4 Resizeと組み合わせる

Resizeによって、セルの範囲を追加することができました。

Resizeとユーザー定義関数 作業手順 その5 色と済を付ける処理

この条件判定が必要となります。

この処理をしないとどうなる?


このエラーが出る可能性があります。



完成のコード


ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回は、エラー内容も含めて紹介しました。エラーの内容も調べるのも重要です。意味不明なエラー表示されたとしても、気長に調べましょう。

 

まとめ

カンタンな管理表をVBAで再現しました。

あまり実用的なプログラムではないかもしれません。

しかし、ユーザー定義関数も含めて復習していただければ、幸いです。

今回のサンプルファイルは、No145です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事