ACCESSとExcelの連携 在庫管理 その8

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


今回は上の記事の続きになります。

今回は、Excelから、ACCESSのデータを削除する方法を紹介します。





ACCESSのデータを削除するには?

私は、基本データは削除しません。

いったん、データベースに組み込まれたら、そのデータも大切なデータだからです。

どうしても、削除しなければならい場合もあります。




テーブルから削除する

多分、テーブルから直で削除する方が大半だと思います。

しかし、それは、できるだけやめた方がいいです。

ACCESSはテーブルを元に作動します。

ヒューマンエラーで、別のデータを削除したら、大変です。

伊川の格言
ACCESSのテーブルは、神棚です。直接触るのはNGです。






データ入力フォームから削除 作成手順その1 入力フォームを確認


データ入力フォームから削除 作成手順その2 削除手順

ボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。


契約書番号を入力します。

契約書番号に紐づいたデータが全部削除します。




コードを確認

この部分が肝になります。

コードは、ACCESSへ接続する決まり文句を記載した後、処理をするコードを記載します。

 



ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
テーブルは直接、触れてはいけません。この原則を守りましょう。

大切なデータを削除する可能性があるからです。

 




まとめ

データを削除するときは、細心の注意をしましょう。

次回は、Excelから、ACCESSへ転送するコードを解説します。

 

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事