パスワード付フォーム

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回はINPUTBOXについて説明します。

パスワード付のフォームが重要ではありません。

メインの解説は、INPUTBOXになります。

 

問題提起

 

(株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は、同僚から下記の依頼を受けました。

パスワードを入力すると、開く検索フォームを作成して欲しい。

なにか良い方法はあるだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・INPUTBOXとIF構文を使って作成する。


 

INPUTBOX関数

INPUTBOXは、実は汎用性のある関数です。

しかし、軽視されやすい関数でもあります。

ここでは、全部紹介できないですが、フットワークの軽い、小回りが効く関数です。

今回は特に、パスワードに特化して説明します。

似た機能でMsgBoxがあります。



パスワード付フォーム 作成手順その1 フォームを確認


【F_入力PW】に、正しい言葉を入力すると、【F_入力】が起動します。


フォームの作成に関しては、上の記事を参照してください。

パスワード付フォーム 作成手順その2 コードを仕込む

これだけのコードです。

単純なコードですが、MsgBoxや、IF構文を使っています。

 

INPUTBOXメゾット

コードの説明はしませんが、INPUTBOXには、関数とメゾットがあり、2つに意味があります。

大抵は、INPUTBOX関数で足ります。

関数と、メゾットは、似ているので注意が必要です。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
INPUTBOXには2つの意味合があります。意味合を、正確に把握しておかないと、エラーがでますので注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
社今回はカンタンな内容でしたが、基礎的なVBAのコードをたくさん使いました。改めて、基礎が重要だと再確認した阿久 世子男(アク セスオ)なのでした。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事