SUMIF関数

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、SUMIF関数について説明します。

SUMIF関数は、COUNTIF関数に比べて、少し難しいと思います。


しかし、実際の業務では、単純にSUM関数を使うことは少ないです。

むしろ、人毎に集計を算出します。

そのときに役立つのがSUMIF関数です。

問題提起

 

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、上司から下記のような依頼を受けました。

・人毎に、合計を算出方法はないのか?

SUM関数では、上司が要望する合計は出せないので、困っています。

なにか良い方法はないだろうか?

解決策

 

回答
sesuo2.jpg
・SUMIF関数を使うと、検索値ごとに合計を算出できます。
スポンサーリンク

SUMIF関数

SUMIF関数は、商品毎の売上を合計する場合や、人毎の売上金額を合計するのに、とても優れている関数です。

SUMIF関数を憶えるだけで、集計は、メチャクチャ楽になります。

SUMIF関数 作成手順その1 データベースを確認


上の図のように、人毎の所持金の合計を求めたいと思います。

今回は、アントニオ猪木さんが2回登場します。


SUMIF関数 作成手順その2 数式を仕込む


上の図の赤枠の中へ数式を仕込みます。



範囲と、合計範囲が、アントニオ猪木さんの部分です。

「ダーっ」と選択します。


「ダーっ」と選択しました。



再び、アントニオ猪木さんの登場です。

「ダーっ」と選択しました。

これで完成です。


これで完成です。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
COUNTIF関数と同じなのですが、合計範囲を選択するために、「ダーっ」の部分が1回多くなります。SUMIF関数は、集計には欠かせない関数です。

 

まとめ

 

今回のまとめ
sesuko3.jpg
今回は、SUMIF関数の紹介でした。3箇所の指定が必要ですので、少し最初は戸惑うかもしれません。しかし、SUMIF関数は、本当に便利な関数なので、ぜひ、みなさんのスキルにしてください。

今回のサンプルファイルは、No59です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事