【ACCESS】ACCESSのMOS試験対策 その4

このブログで言いたいことは、

クエリの集計は、MOSで必須出題項目です。

ACCESSのMOS試験対策 その4

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回もACCESSのMOS試験対策を紹介します。

今回、紹介する内容は、MOS試験でも、実務でもよく使います。

意外と知っているようで、知らない内容です。

ACCESSは、VBAでも、入力フォームでもありません。

VBAや、入力フォームは、データベースを作成するための道具です。

ACCESSを利用してやりたいことは、完成されたデータベースから、データを抽出することにあります。

ここが本当に重要です。

派手なフォームを作るというようなことではありません。

この抽出が、クエリなのです。

派手なことは、Excelに任せて、データベースが完成したら、クエリを勉強する必要があります。

言い換えれば、データベースを作成するには、抽出しやすいようにデータベースを作成する必要があります。

現在、過去ではなく、未来に起こりえることも想定してデータベースを作成しましょう。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • クエリとは何かわからない人
  • クエリでデータの抽出方法がわからない人
  • クエリが便利と思っていない人

解決

クエリを設定しておくことで、カンタンに集計ができます。クエリは、データベースに入力された値を、変幻自在に変える魔法のアイテムです。

これを理解できないと、ACCESSは、面白くないです。

クエリ

クエリとは、データベースに対する命令文です。

このデータを抽出しろ!と命令をするのです。

この命令の方法は、SQL文で行います。

ACCESSは、カンタンにSQL文を書いてくれるのもスゴイですね。

では、必ず出題される問題を紹介します。

クエリ 出題 その1 範囲を抽出

例えば、料金で、1,000円~5,000円を抽出しなさいという問題が頻繁に出題されます。



スポンサーリンク
このようなデータベースがあります。

販売価格が、1,000円以上、5,000円未満のデータを抽出しなさいという問題は必ず出題されます。



このように記載します。


これが、実行結果になります。

クエリ 出題 その2 集計クエリ

顧客別に、売上の合計を出しなさい。

このような問題が出題されます。

では、まず、売上の合計を算出します。


ここは、単純に掛け算なので問題はないと思います。


このような結果になりした。

会社別に売上の合計金額を算出するには、集計クエリを使います。



集計ボタンを押すと、グループ化されます。

このグループ化がスゴイ機能です。

同じ値を1つにまとめてくれるのです。

Excelでは、こうはいきません。

クエリ 出題 その3 集計クエリで合計

 

一瞬で合計が出ました。

この集計クエリを理解した瞬間に、ACCESSは、私にとって、さらに面白いアイテムになりました。

この集計クエリで,会社のシステムが出力するCSVファイルから、KPIをカンタンに集計できるようになりました。

Excelでは、こうはいきません。


このクエリを、Excelに転送することで、SUMIF関数等で、綺麗に装飾することも可能です。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
MOS試験で、なぜ、集計クエリが出題されるのかと言うと、使える人がいないからです。せめてMOS試験で勉強して、実務で使えるようにするためだと思います。基本書を読んで、最初は、フォームの作成等が気になり、クエリをおろそかにします。しかし、ACCESSはクエリなのです。データベースから、自由自在に、データを算出できるようになると、ACCESSは本当に面白くなります。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

ACCESSのMOSの出題範囲を確認すると、どうでもいいこともあります。

しかし、この集計クエリだけは別です。

しっかりと、スキルとして身に着けてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回のサンプルファイルは、No206です。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事