これが集計クエリのハンパない威力!

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、集計クエリを紹介します。

以前に集計クエリは紹介したことがあります。

その記事は下記を参照してください。

この記事は、私が架空の数字で行ったものです。

架空のデータは、基本書のサンプルのようなもので、実際には面白くないです。

今回は、競馬ネタになりますが、集計クエリのサンプルとしては、いいものが出来ました。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • ACCESSの初心者の人
  • ACCESSでExcelのような集計をしたい人
  • ACCESSでクエリの意味がイマイチ理解できていない人

このブログを読み終わるころには・・・・・

ACCESSで集計の基本が理解できます。
私も初心者のころ、ACCESSでどのように集計するのか分かりませんでした。
基本書には、あまり、集計クエリは紹介されていません。その点を重点的に解説しますので、ぜひ、みなさんのスキルにしてください。

集計クエリ

文字通り、Excelのような集計をクエリで行います。

Excelの感覚で行くと、すべてのフィールドにどのように数式を入れるのかと考えます。

しかし、その感覚で行くと理解できなくなります。

クエリは、Excelのようなセルというような概念はありません。

縦列を基本に、カウント、合計、平均等を算出します。

その利便性を習得すると、Excelの集計が、馬鹿らしくなるくらいに便利なのです。

集計クエリ 作業手順 その1 データベース確認


スポンサーリンク
このような指標が、毎週金曜日と、土曜日に掲載されます。

この表を、私が利用しやすいように、整形して、ACCESSに格納しています。


指標をACCESSに格納した状態です。

最終的には、下記のようなフォームを作成したいのです。


フォーム自体のソースは、集計クエリを利用しています。

では、クエリの作成を紹介します。

集計クエリ 作業手順 その2 集計クエリでグループ化

指数90で絞り込みます。

指数90のデータは、全部で326個のレコードで構成されています。


このように、一瞬で集計されます。


改コンピ(コンピ指数)が90、改コンピ能力(コンピ能力)をグループ化します。

そうすると、ACCESSは、改コンピ(コンピ指数)が90、かつ、改コンピ能力(コンピ能力)が1位のものをグループ化してくれます。

※コンピ指数は、ACCESSに取込むときは、理由があって、文字として取り込んでいます。

それを数値型へ変更しているので、改コンピとしています。

※コンピ指数の90は、コンピ指数の中で、最高値なので、コンピ能力は1位です。

つまり、グループ化することで、改コンピ(コンピ指数)が90、かつ、改コンピ能力(コンピ能力)が1位のものをグループ化することによって、ACCESSは、1行表示することが出来ます。

ここが、スゴイのです。

Excelでは、色々な関数を利用しないと、実装はできません。

集計クエリ 作業手順 その3 グループ化することをカウントする


上の図のように、集計クエリを、グループ化から、カウントへ変更します。

そうすると、改コンピ(コンピ指数)が90、かつ、改コンピ能力(コンピ能力)が1位をカウントします。

そのカウントの結果が、326という事になります。

集計クエリ 作業手順 その4 グループ化したものの平均を算出する

クエリの画面でグループ化から、平均へ変更します。


この操作で、Excelでいうところの、平均を算出できます。

つまり、改コンピ(コンピ指数)が90、かつ、改コンピ能力(コンピ能力)が1位の平均配当が計算されます。

集計クエリ 作業手順 その5 集計クエリ上で、さらに計算をしたいとき

この点も、私が最初のころにはまった点です。

集計クエリ上で、普通の加減乗除等を行いたい場合があります。

その時は下記の図のようにします。


これで、的中率を計算することが出来ます。


Excelなら、こんなに数式が必要です。

10万のデータを利用しているので、これ以上増えると、作動が重くなります。

ここがポイント

ここがポイント

Function8.png集計クエリは、一瞬で計算してくれます。ACCESSの標準機能を利用しているので、速いです。

そして、Excelよりもはるかに便利です。

ぜひ、集計クエリを使いこなせるようになってください。

動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

今回は、競馬ネタでしたが、実務で利用できるように紹介しました。

集計クエリも、オートルックアップクエリ同様に、基本技です。

ACCESSは、突き詰めていくと、クエリになります。

データベースから、どのようにして、お好みのデータを抽出するかなのです。

今回は、著作件の問題上サンプルファイルはお渡しできません。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回のサンプルファイルはありません。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事