社内の周知に関して、読めよと言っても、確認しない輩がいますね。

周知も読まないで、質問に来る人が、あとを絶えない状況はどうしたらいいでしょうか?

確認しない輩は、データベースで見つけます。

その後の検索フォーム

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

以前に、最強の検索フォームというタイトルで、検索フォームの作成方法を紹介しました。

検索フォームすることに関しては、問題がないのです。

しかし、その周知が読まれたのか確認ができないですね。

Naosuke
そこがネックでした

 

また、周知を発行するものは、読んだ人ではなく、

読んでいない人を探したいのです。

今回は、今まで紹介した記事の技を利用して、周知確認の有無をACCESSで管理したいと思います。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
    • 社内周知をデータベースで管理したい人
  • 社内周知を読まない人を探したい人
  • 社内周知を読まない人の査定を下げたい人

このブログを、読み終わるころには・・・・

社内周知に関しては、何等かのシステムを利用しているのであれば、既読、未読で判断ができます。
だから、それほど、需要はないかもしれません。
しかし、各セクションで利用するには、ぴったりだと思います。
また、ACCESSの小技も含んでいますので、ぜひ参考にしてください。

最強の検索フォームのその後

今回は、最強の検索フォームにおまけをつけました。

コードも2通りあります。

難しいほうは、DAOを利用しますので、少し面倒です。

しかし、後々は、DAOを利用したほうがACCESSは重くなりませんので、DAOを利用するほうがお勧めです。

おい、周知を確認したか? 作業手順 その1 データベース確認

最強の検索フォームのデータベースは、上のようになっています。

Naosuke
早いもので、市原悦子さんが亡くなってから、2年ですね

 

最強の検索フォームは、固定ページにまとまっていますので、ぜひ、読んでみてください。

 

おい、周知を確認したか? 作業手順 その2 レポートに、社員IDを追加する


赤枠のように、社員IDを追加します。

この方法は、下記の記事で紹介しています。

 

システムを作成するときは、ほぼ自動にしないと重宝されません。

社員IDというか、PCにログインしたときのユーザーIDを、社員IDとしています。


おい、周知を確認したか? 作業手順 その3 MT_周知確認にコードを転送する

 

このように確認した、社員ID、記事番号、確認日時、複合IDを、MT_周知確認へ、反映させます。

この時に重要なのが、複合IDです。

この複合IDは、記事番号と、社員IDを合体させました。

一意のキー(社員ID)と、一意のキー(記事番号)を合わせても、一意のキーしかできません。

なぜこのような細工が必要なのでしょうか?

テーブルに主キーを設定するために、複合IDを主キーにする必要があります。

ここで、主キーにすれば、重複登録はされません。

 

Naosuke
同じ周知を読むたびに、確認ボタンをおされても意味がありません。
このようば場合、必ず、2回以上クリックするヤツがいまます。
しかも、毎回同じヤツです。

もちろん、他でも重複登録を避けることができますので、コードを紹介します。

おい、周知を確認したか?作業手順 その4 転送コード その1

実は、この重複判定は、過去の記事で紹介しています。

主キーがすでに利用されているか、されていないかの判定をする記事です。

また、MT_周知確認に転送するコードも説明しています。

社員IDは、非連結のテキストボックスに格納されています。

重複登録を避けるには、一番メジャーな書き方です。

Naosuke

ここで、何か気づきましたか?

ACCESSでは、なるべくやってはいけないこと

そう、Dcount関数を使っています。

Dcount関数が、ダメではありませんが、いずれ、ACCESSが重くなります。

Naosuke
MT_周知確認に転送しているコードをDAOで転送しているなら、重複登録禁止だって、DAOでやれるはず

おい、周知を確認したか?作業手順 その5 転送コード その2

このコードのほうが、スッキリしています。

Dcount関数も使っていないので、ACCESSも重くなりません。

なんとなく、プログラムチックですよね。

 

Naosuke
やっていることは、下記の記事と同じ内容です。

おい、周知を確認したか?作業手順 その6 転送コード 周知未読野郎を探せ

周知未読野郎は、クエリで探しましょう。

クエリがあればカンタンに見つけられます。




スポンサーリンク
このように設定します。

社員IDのtekisは、どんでもない未読野郎とわかります。

周知を、5つも読んでいません。

社員IDしか表示されていませんが、名前も表示させることもできます。

確認しましたのボタンを押さない限り、周知を読んだと認めない。

Naosuke
そして、こっそり、周知未読野郎の査定を、ニッコリ笑いながら、下げてやりましょう。

 

ACCESSって本当に便利ですね。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
最強検索フォームに、オマケを付けました。DAOのコードを利用した書き方は、ACCESSを操作するにおいて非常に重要です。知らないうちに、皆さんも、ADO、DAOを利用していると思います。しかし、コードが動いたら、その意味を考えて、別のコードを組んでみましょう。そして、そのコードがまた動いたら、また、別のコードを組んでみましょう。その積重でVBAのスキルは、確実に向上します。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

今回は、単純に、周知の判定でしたが、ACCESSの便利な技がたくさん詰まっています。

この発想は、いいねボタンの発想です。

もちろん、いいねボタンもつけることはできるでしょう。

しかし、社内で利用するものなので、確認ボタンにしました。

是非、利用してみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 
今回のサンプルファイルは、No239です。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事