WorkSheet関数で配列を使う その8

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、運動会のメニューを、IF関数とVLOOKUP関数で表示をします。

私の嫌いなVLOOKUP関数を使います。

しかし、IF関数と組み合わせると、なかなか便利です。




VLOOKUP関数、IF関数、HOUR関数を使う

今回のメニュー
時間で条件判定をする
その条件にワイルドカードであいまい検索にする
その条件で、参照する





メニューを参照する 作成手順その1 データベース確認


11時に始まる玉入れを表示させたいと思います。

ここで、フォローしますが、VLOOKUP関数は素晴らしい関数だと思っています。




メニューを参照する 作成手順その2 関数を組み合わせる







メニューを参照する 作成手順その3 関数を音読してみる

参照しなさい。もし、11時に時間が近似値で、運動会のメニューを探す

なぜか、VLOOKUP関数で、左側を参照しているようなことができました。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
ダンスリレーの数式は割愛しました。配列は、全部を一度に参照するという事ができます。

この考え方は、VBAの配列にもつかえますので、ぜひ、スキルにしてください。

 




まとめ

今回は、IF関数とVLOOKUP関数を組み合わせてみました。

配列は、本当に便利ですね。

今回の例は、実務では使うことはないかもしれません。

しかし、配列で参照することは大切です。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事