ACCESSとExcelの連携 在庫管理 その13

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


今回は、上の記事の続きになります。

管理者が確認するテーブルについて、データをバックアップする方法を紹介します。




ACCESSが優秀でも、バックアップは重要

このサイトで何度も言いましたが、ACCESSはテーブルが全てです。

誰かが、間違えてテーブルを削除するかもしれません。

その場合のバックアップ方法を紹介します。


スポンサーリンク



追加クエリを利用する

ACCESSを利用して、私が本当に便利と思った機能の1つが、追加クエリです。

しかも、主キーがあるから、追加するのが本当に楽です。

主キーとは
一意のキーで、重複登録をACCESSが許さない。
空白の登録ができない。

たから、主キーがあれば、イケイケで登録ができます。




追加クエリでバックアップ 作成手順その1 データベース確認


バックアップは重要なので、全部バックアップしたほうがいいです。




追加クエリでバックアップ 作成手順その2 バックアップのテーブルを作成

作成手順 その1


作成手順 その2


テーブルの構造のみを選択します。

MT_申込Bに名前を変更します。

追加クエリでバックアップ 作成手順その3 追加クエリを作成

追加クエリ作成 その1

赤枠の追加をクリックします。

追加クエリ作成 その2


バックアップしたいテーブルを選択します。

実行をクリックすると、一瞬でバックアップされます。




追加クエリでバックアップ 作成手順その4 バックアップのやり方

一瞬でバックアップするのは、便利なのです。

しかし、全部をバックアップするより、クォーター毎にクエリを作成するのが賢明です。




追加クエリでバックアップ 作成手順その5 通常業務でも利用

MT_申込も、全部の売上を登録するよりも、日別で管理する方が楽です。

毎日の売上を確認してから、MT_申込に追加クエリで追加します。

この方が、集計業務が楽にできます。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回は、バックアップについて説明しました。しかし、管理職が見るACCESSは、いつ上席から進捗状況確認されても、お好みのクエリを作成するとで、難なく、質問に答えることができます。

 








まとめ

今回は、バックアップでしたが、クエリの素晴らしさを理解しましょう。

ACCESSは、なんといってもクエリなんです。

今回のサンプルファイルは、No126です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事