ACCESSとExcelの連携 在庫管理 その5

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

http://keiyu.xyz/2020/03/03/zaiko4/

今回は、上の記事の続きになります。

Excelから、ACCESSへ転送する魔法のコードを紹介します。





ACCESSへの転送コード

動画でも、ブログでも、何度か紹介していますが、カンタンです。

コードがやや複雑なだけです。

特定の場所を変更するだけで、今回紹介するコードは普通に作動します。

この転送コードを取得しただけで、人生がすこし、幸福になりました。




ACCESSへの転送コード 作成手順その1 転送する前の仕掛け

コードを音読する


コードを音読

ボタンをクリックしたら、

セルB20に本日の日時を入力する。
セルB11がなにも入力されていなかったら、空白ありをMsgBoxに表示させて、条件から抜ける。

条件が抜けることが重要ではなく、入力漏れをなくすることが重要です。

このひと手間加えることで、業務時間は驚くほど短縮されます。

セルB11は、契約番号を入力する場所です。

契約書番号は主キーに設定していますので、空白は許されません。

このコードで、業務時間が40%されたと統計が出ています。(当社比:嘘ですけど)

また、本日の日時は、必ず入力します。

日時がないデータベースは、クリープを入れないコーヒーと同じです。




ACCESSへの転送コード 作成手順その2 転送コード

変更するコード その1


上の図の書き方を相対パスといいます。

相対パスを使う条件
同一階層にACCESSとExcelのファイルが存在すること


相対パスのメリットは、このファルダのドライブを変更しても転送が可能ということです。

変更するコード その2



ACCESSのフィールドとExcelのセルを一致させます。

この点を変更するだけで、みなさんの業務にチューニングできます。

余談


データ転送完了の文言は必ず表示させましょう。

すべてのコード




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
動画の中では、二重転送が起きた際のエラーも表示しています。主キーが設定されていれば、重複しません。ACCESSは優秀です。

 




まとめ

今回は、転送コードを紹介しただけです。

次回は、転送コードを解説します。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事