ACCESSとExcelの連携

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回も競馬ネタなのですが、お好みの競走馬を、Excelのユーザーフォームを利用して抽出します。

いつも競馬ネタを紹介するときは、お叱りも受けます。

しかし、私が、実際に業務で利用しているコードです。

それを競馬にアレンジしています。

本当に便利なので、ぜひ利用してください。

今回の抽出条件

今回の抽出条件
日時
競走馬

カレンダーフォームの説明は割愛します。

カレンダーフォームに関しては、私が説明するより、NETで無料ファイルを使った方が早いです。

日時と、競走馬を抽出 作業手順 その1 データベース確認

このようなデータベースから抽出します。

日時は、yyyymmddになっているので、このyyyymmddを、yyyy/mm/ddに変更しなければなりません。

日時と、競走馬を抽出 作業手順 その2 クエリでyyyy/mm/ddに変更

Format関数で変更します。

しかし、Format関数だけなら、文字列として認識されます。

Cdate関数で、yyyy/mm/ddにさらに変更します。

日時と、競走馬を抽出 作業手順 その3 Excelへの転送コード

上の記事で、ACCESSとExcelの連携を説明しました。

前回よりも汎用性のあるコードを紹介します。

接続するための変数を宣言


接続プロシージャ


接続プロシージャの注意点は、同一フォルダ内ACCESSとExcelを設置してください。


同一フォルダ内にあれば、変更するのは、ACCESSのファイル名だけです。


切断プロシージャ

このコードはそのまま、コピペで大丈夫です。

ユーザーフォームを起動



抽出条件を入力するフォームを起動させます。

日時と、競走馬を抽出 作業手順 その4 メインとなるコード

おもに変更するのは、赤枠のところを変更してください。

そうすれば、作動します。

 

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
コードの解説よりも、そのまま書き写して、転送する快感を堪能してください。このコードは難しいように思えますが、ほとんどがコピペで作動します。全然難しくありませんが、スゴイと周りから思われるコードです。

 

まとめ

次回からは、メインとなるコードのみを紹介します。

接続、切断のコードは、このページで確認をお願いします。

今回のサンプルファイルは、No125です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事