ACCESSとExcelの連携 在庫管理 その4

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


今回は上の記事の続きになります。

携帯電話の機種、色、ギガ数に関して、入力ミスが無いように細工をします。

上の記事の復習になります。

Excelの連動コンボボックスに関して、最近うれしいコメントがありました。

ご視聴者様からのコメント

おかげさまで、仕事で使う成績表が素晴らしいものになりました!別の関数ではカッコがアンダーラインになりうまくいかなかったのでとても助かりました!
ありがとうございます!
素晴らしい! これ、これですよ~!ヾ(*´∀`*)ノ
ありがとうございました。 すっきりしました。
会社で資料とか任されたけど
これですぐできてめっちゃ褒められました!
ありがとうございます😏😏😏
機械音痴なので少し難しいですけどwww

連動コンボボックスを作成する

一般的に認知されているExcelの連動コンボボックスの欠点は下記の通りです。

  • 連動するセルの範囲に名前をつけなけばならない。
  • リストが増えたら、再設定をしなければならない。
  • セルの範囲の名前を削除して、再設定が非常に面倒。

 

連動コンボボックスを作成する 作成手順その1 データベース確認


商品一覧のデータベース


機種のギガ数を確認するデータベース


機種の色を確認するデータベース


連動コンボボックスを作成する 作成手順その2 機種名に仕込む数式



ここは、前回と同じ内容になります。

連動コンボボックスを作成する 作成手順その3 ギガ数に仕込む数式


この数式のポイントは、B5を相対参照にすることです。

相対参照にしないと、作動しません。

連動コンボボックスを作成する 作成手順その4 色に仕込む数式



連動コンボボックスを作成する 作成手順その5 端末価格、商品IDに仕込む数式


上の記事を参照してください。

この数式のポイントは、配列を使います。

端末価格の数式


少し長い数式ですが、数式を音読できれば、特に難しいことはありません。

商品IDの数式

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
入すべて復習の内容になりましたが、連動コンボボックスは本当に便利です。この動画だけは、アンチコメントがありません。ぜひ、みなさんの職場で役立ててください。

 

まとめ

次回から、ACCESSの連携を紹介します。

ExcelとACCESSの連携は本当に便利です。

 

今回のサンプルファイルはありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事