ACCESSへ転送するときの基礎知識

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

ACCESSへ転送するときの基礎知識なのですが、ExcelのVBAが必要です。

ExcelのVBAの知識がなければ、ACCESSへの転送ができません。




問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は

上司から下記の依頼を受けました。

ExcelとACCESSを連携させる際に、

Excelで利用するVBAはどのような知識が必要か?

どのようなことから調べたらいいだろうか?








解決策

回答
sesuo2.jpg
・Excelで利用するVBAの基礎は、RangeとCellsを理解しよう。。







Range、Cellsについて

Excelをワークシートで使用する場合を考えます。


それぞれの利用方法があります。

VBAなので、セルA1は利用しません。

Rangeと、Cellsについて説明をしてきます。

Rangeについて

Rangeは、英語で、範囲という意味です。

セルA1を範囲としてとらえます。

VBAの世界では、セルA1に文字を入力するときには、下記のようになります。

Range(“A1″)=”伊川”

 

セルA1~セルA10に連続で文字を入力するときは、下記のようになります。

Range(“A1:A10″)=”伊川”

 

上の記事に詳しく記載しています。







Cellsについて

Cellsについては、どうなるのでしょうか?

Cellsを利用して、セルA1に文字を入力する場合は、下記のようになります。

cells(1,1)=”伊川”

では、Cellsを利用して、セルA1~セルA10まで記載するにはどのようにするのでしょうか?

CellsはRangeのように記載はできません。

Cellsは特定のセルしか指定できません。

セルA1~セルA10まで、連続して記載するには下記のようになります。

Rangeと組み合わせて利用する
Range(cells(1,1),cells(1,10))=”伊川”

このようになります。

ループを使う

Sub test()

Dim i As Long
For i = 1 To 10
>Cells(i, 1) = “伊川”
Next i
End Sub

ループは、VBAを利用するにあたっては、非常に重要なスキルとなります。

実務でも、ACCESSに転送する場合でも重要な知識になります。

簡単なループの構文を何度も記載して、最初は暗記をしてください。







ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
転送の際ですが、Rangeは1件毎にACCESSへ転送する際に利用します。Cellsは大量のデータをACCESSへ転送する際に利用します。それぞれの用途を理解することが重量です。

 







まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
今回の内容は、ExcelVBAの本当の基礎中の基礎になります。理解できない人は、SCHOOL OF VBAを見ると、

一層理解が深まると思います。








今回のサンプルファイルはありません。





サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事