配列の要素を追加

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

前回は、動的配列のUBound LBoundを紹介しました。

今回は、動的配列に要素を加えます。

TOKIOにAKB48の名前について、配列を使って付け加えます。

AKB48のデータベースを作成する方が、配列より面倒(笑)

 

問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は上司に下記の依頼を受けました。

顧客データを、配列に追加することはできるか?

どのように使いするのだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・Preserveを使って配列要素を変更します。

 

ReDimステートメント

  • Preserveは省略可能です。
  • 既存データを保持したまま要素数を変更します。

キーワードPreserveを使うと、すでに配列内に持つデータを失うことなく要素数を変更することができます。

動的配列に要素を追加 作成手順その1 データベース確認


TOKIOの名前にAKB48のデータを追加します。

動的配列に要素を追加 作成手順その1 コード解説



難しいかもしれませんが、コードを音読できれば、それほど、高度ではないと思います。

コードは、必ず標準モジュールに記載してください。

 

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回のケースを、配列をつかないと、結構面倒なような気がします。配列の動画は、今回が7回目ですが、少しずつ高度な内容になります。しかし、配列は、プログラムの基本です。私と一緒に頑張って、みなさんのスキルにしてください。

 

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
自分で配列を勉強しながら、スキルアップを感じている柄久 瀬瑠子(エク セルコ)なのでした。。

今回のサンプルファイルは、No110です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

このブログでも、難しいと感じる方は、下記のファイルをダウンロード

スライドショーで見ていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事