顧客の住所に関して、都道府県を抽出する場合があります。

その際に、都道府県と、市区町村の間に、スペースを入れます。

しかし、そのスペースが半角、全角で、バラバラの時があります。

そんな時は、今回の記事が役立つはずです。

スポンサーリンク

都道府県と市区町村を分割する究極の方法

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

最近は、他部署からの引継にかんして、記載しています。

 

引継の中には、顧客の住所が良く含まれています。

その際に、都道府県と市区町村の間にスペースがあります。

 

私も、Excel、ACCESSを知らないときは、なぜ、スペースがあるのがわかりませんでした。

しかし、そのスペースを目印に、分割するということがわかりました。

しかし、そのスペースも、半角なのか、全角なのかで、都道府県を上手く、抽出できないときがありました。

 

その時は、本当にイライラしていました。

 

所詮、人間がすることです。

 

その時に、半角なのか、全角なのかで、都度、注意喚起するのも、どうかな?と

 

なので、半角であれ、全角であれ、または、スペースがなくても、都道府県と市区町村を分割する方法を紹介します。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • Excel、ACCESSで、都道府県を関数で抽出している人
  • 半角、全角が統一されていなくて、朝、引継を見たときにイライラしている人
  • Functionを勉強している人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
ユーザー定義関数を作成することで、朝のイライラから解放されます。
Functionを利用するのですが、それほど難しくありません。
むしろ、Instr関数が活躍します。
スポンサーリンク

都道府県と市区町村を分割する究極の方法

 

都道府県と、市区町村を分割する方法としては、

Find関数

Split関数

Instr関数

大体、この3つでしょうか?

ただ、ACCESSには、Find関数はないので、Split関数か、Instr関数になります。

今回は、Instr関数で実行したいと思います。

何回も言いましたが、Functionで、ユーザー定義関数を作成する場合は、汎用性を持たせるために、ボヤーっと関数を作成します。

都道府県と市区町村を分割する究極の方法 作業手順 その1 データベース確認

このデータベースで、都道府県と市区町村を分割します。

スペースの無いデータ、スペースのあるデータと、様々です。

ユーザー定義関数を作成すれば、カンタンです。

 

都道府県と市区町村を分割する究極の方法 作業手順 その2 ユーザー定義関数を作成

strが、Nullなら、長さを0(= “”)

strの3番目に、都道府県のいずれかの文字が有ったら、左から3文字を抽出

strの4番目に、県があったら、左から4番目を、抽出

strに、都道府県の文字かなかったら、長さを0(= “”)

これだけのコードです。

場所を指定していないので、汎用性がありますね。

 

都道府県と市区町村を分割する究極の方法 作業手順 その3 市区町村を抽出

 

Nz([住所],””)の意味は、strの中に、都道府県がなければ、エラーになるため、エラー回避のためです。

市区町村を含む場合には、都道府県の値を長さ0(= “”)に変換するとことで、市区町村を表示させます。

 

都道府県と市区町村を分割する究極の方法 作業手順 その4  Trim関数を利用して、再度整形

 

 

元データに、スペースがあるので、左端にも、スペースがあります。

このスペースにが、気になる人もいるでしょう。

せっかくなので、Trim関数で、そのスペースを除去します。

これで完成です。

ここがポイント
Function8.png
今回は、ACCESSで都道府県を分割しました。
もちろん、Excelでもできますが、大量データを扱えるACCESSのほうが便利ですね。
私が扱うデータは、必ず3,000件以上なので、また、Excelよりも、私は、ACCESS派です。
どっちにしても、今後は、スペースがあっても、無くても、都道府県と、市区町村の分割は可能です。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

 

消費税や、合否判定ではなくても、Functionは使えます。

このことを、世間の皆様へ、知っていただきたいですね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回のサンプルファイルは、No264です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事