PythonのコードをExcelVBAと比較 その1

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、pythonで紹介したコードをVBAで表現するとどうなるかという事を紹介します。

VBAの基本的なコードを、紹介していきます。

私のサイトでは、実務で必要な知識をメインに紹介してきましたが、VBAの復習も含めて紹介していこうと思います。


今回の紹介する記事は、上の記事で紹介済です。

 

この記事はこんな人におすすめ
  • プログラムを勉強始めたばかりの人
  • pythonに興味のある人
  • pythonとVBAのコードを比較してみたい人


スポンサーリンク



スポンサーリンク

今回のお題

今回の処理内容
私の名前は伊川直助です。
私の現在の年齢は49歳です。
来年は、50 歳になります。

前回pythonで行ったコードをVBAで再現します。

今回の必要な知識

今回の必要な知識
  • InputBox
  • Rangeでセルを指定する
  • 変数を使って手間を省く
スポンサーリンク

プログラムを勉強するときに必要なこと

 

ythonに限らず、プログラムを勉強するときに必要なことは、不安にならないことです。

きっと、このままでいいのだろうか?

こんなことを思うはずです。

善悪はわからないですが、その不安な気持ちは、成果物を早めに作成することでしょう。

python VS VBA 作業手順 その1  変数を用意する

今回は、名前と年齢なので、2つの変数を用意します。

今回の使う変数
  • 名前 myName
  • 年齢 myAge

 

VBAもpythonもそうなのですが、できるだけ早く、変数を使いこなせるようになりましょう。

変数とループを利用することができると、プログラムは面白くなります。

python VS VBA 作業手順 その2  InputBoxを起動させる

 

上のように記載をします。

VBAの初心者の時は、なかなか、変数や、ループが使えないと思います。

エラー出ても、理解できなくても、やってみることが重要です。

本日の伊川のつぶやき

イメージ的には、下図のようになります。

変数は、いつも箱に例えられます。

しかし、変数は、箱ではなく、ネームタグのように理解するといいかもしれません。

Range(“A1”) = “私の名前は” & myName & “です。”

このようにコードを書くことによって、伊川直助でも、山田太郎でも対応できることになります。

つまり、変数を利用することで、汎用性ができるのです。

python VS VBA 作業手順 その3 年齢も変数で表す

myAgeには、数字を入力します。

pythonのように、Inputしたものは、無条件に文字になるというルールはありません。

つまり、InputBoxに入力した数字は、原則として、数字にとして扱います。

加減乗除ができるということになります。

 

来年は、50歳になるというのは、myAgeに1を加えたので、50歳の処理ができました。

created by Rinker
¥2,530 (2020/10/02 00:52:27時点 Amazon調べ-詳細)

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
pythonとVBAを比べた時に、まだ、VBAのほうが便利なような気がします。しかし、それぞれの特徴がありますので、コードの特徴になれたら、変わらないような気がします。

また、特にpythonはカンタンと言われますが、そのようなこともないと思います。

 

まとめ

次回は、pythonで条件判定をしたいと思います。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事