ACCESSとExcelの連携 在庫管理 その11

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。


今回はこの記事の続きになります。

在庫管理とは関係ないですが、社員の日報についての管理になります。




問題提起

みなさんの会社では、社員の日報をどのように管理していますか?

日報の管理の方法
紙⇒ありえない。
社内でシステムを管理している⇒金がかかる。
SNS的なもので管理している⇒検索ができない。




解決策

日報の問題は、ExcelとACCESSの連携で管理します。




業務日報をACCESSで管理する

私が管理職になってからおもったのですが、日報は結構大切です。

社員が育っていく過程を日報で確認できるからです。

その日報を、データベース以外で管理するのは、意味がありません。




業務日報をACCESSで管理 作成手順その1 入力フォームを作成


こんなカンタンな入力フォームを作成します。

社員の名前はコンボボックスを作成します。

コンボボックスの作成は、上の記事を確認してください。




業務日報をACCESSで管理 作成手順その2 クエリを作成

こんな感じで作成します。

クエリに細工


昨日の日報を抽出するように、抽出条件を設定します。

今回の抽出条件は、昨日の条件にしています。

しかし、社員名で抽出する等、いろいろは方法があります。

業務日報をACCESSで管理  作成手順その3 レポートを作成

レポートのデザインビューで、日報のひな型を作成します。

この作成が一番面倒です。

Excelのように、セルが整列しているわけではありません。

面倒ですが、1個、1個、フィールドを整列させます。

完成図

内容がわからないので、平家物語と、奥の細道を入力しました。




業務日報をACCESSで管理 作成手順その4 コードを作成

今回のコードも、前回紹介したコードです。


このコードで転送しています。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
社員の動きに関しては、KPIもそうですが、データベースで管理します。データベースで管理すると、他の社員の日報と比較することもできます。

優秀な社員、そうでない社員の日報内容も比較することができます。

 




まとめ

日報を確認することは大切ですが、日報を見やすい状態にすることが大切です。

データベースで管理することは、見やすさを重視するということです。

今回のサンプルファイルは、No124です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事