こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回から、火曜日はACCESSとExcelの連携について説明します。

ACCESSは、データを管理することに優れています。

Excelは、集計・装飾に優れています。

この良い点を連携することは、非常に重要なことです。

今回は、連携をするにあたり、用語を説明します。

使うデータベースは、競馬になります。




このブログは、こんな人にお勧め

  • Excelでデータを管理するのに限界を感じている人
  • ACCESSをイマイチ理解できていない人
  • ExcelでACCESSのデータを抽出したい人

 

ACCESSとExcelを連携させるための技術

今回は本当の基礎の基礎です。

用語の内容を理解する必要はありませんが、用語になれてください。

用語で悩んではいけません。

未知の言語なので、そのまま覚えてください。




RDBMS 用語 その1 
Relational DataBase Management System


リレーショナルデータベースを管理するためのソフトウェアの総称です。

リレーショナルデータベースのデータの2次元的広がりを効率的に扱うために用いられます。

リレーショナルデータベースは、データの一つ一つをカラム(列)と、

レコード(行)の中にまとめ、それらをテーブル(表)の中に並べるものです。

VBA 用語 その2  Visual Basic for Applications


VBA【 Visual Basic for Applications 】 とは、Microsoft Officeに含まれるアプリケーションソフトの拡張機能です。

利用者が簡易なプログラムを記述して実行することで複雑な処理の自動化などを行えます。

また、そのために用意されたプログラミング言語です。

マクロは「複雑なエクセルの操作を自動化するための機能」で自動化が目的です。

その自動化を実現するための手段が、VBAです。




ADOとDAO 用語 その3

DAOは、 Data Access Objecといいます。

ADOは、ActiveX Data Objectsといいます。

今回は、ADOを中心に説明をします。

DAOは、ACCESSExcelのみの接続手順です。

ADOは、OracleSQLServerにも使えるユニバーサルな接続手順です。

クエリ 用語 その4 Query


データベースにあるレコードを呼び出します。

そのレコードを呼び出す手段がSQL文です。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回は、本当に簡単に用語を説明しました。
用語は覚えないで、慣れてください。
用語の意味を考え始めたら、その時点で挫折します。

 

まとめ

毎週火曜日は、ACCESSとExcelの連携を説明します。

長丁場になりますが、一緒にがんばっていきましょう。

 

今回のサンプルファイルは、ありません。





サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事