VBAの教科書の最初の必ず記載がある

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、Msgboxの重要性について紹介します。

みなさんが、VBAを、勉強するときに最初に書くコードです。


このMsgboxに意味があるのでしょうか?

実は、ものすごく重要な意味があります。

問題提起

 

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、VBAのツールを社員へ展開しました。

ある社員から、ツールは素晴らしいけど、本当にVBAで処理されているのか、わからないと言われました。

どのようにして、VBAが処理を完了したのか知らせる方法があるだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・Msgboxを利用して、「処理が完了しました」というコードを最後に追記する。

 

VBAはどのように処理されるのか?


この意味が分かるでしょうか?

上の図のコードは、計算の処理をしてから、「計算完了」と表示されます。


上の図のコードは、「計算完了」と表示されてから、VBAが計算の処理を開始します。

つまり、上の図のコードは、まったく意味のないコードになります。

スポンサーリンク

VBAのコードは順序がある


上の図のように、VBAのMsgboxは、

・開発者にとっては、記載したコードにエラーがないと知らせてくれる。

・利用者にとっては、無事に処理が完了しましたと知らせてくれる。

この2点が重要なのです。

 

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
基本的なことなのですが、Msgboxの重要性を記載している教科書はありません。Msgboxの重要性を、伊川が理解したときは、本当に感動しました。

 

まとめ

VBAもワークシート関数の、簡単な処理、簡単な関数ほど、意味があります。

例えば、CONUNA関数は、ものすごく簡単な関数ですが、他の関数を組合わせることで、ものすごく便利な関数になります。VBAもワークシート関数も、基本的なことではなく、みなさんのスキルというスパイスを加えることで、とてつもなく便利になります。

今回のサンプルファイルはありません。

ネットや基本書で調べるはやめてください

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事