ユーザーフォームで楽々入力

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、ユーザーフォームの作成方法について紹介します。

ユーザーフォームは、入力を楽にすることだけではありません。

ユーザーフォームに様々なVBAを仕込むことで、色々な処理ができるようになります。

問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エクセルコ)は、下記の依頼を受けました。
・データ入力を行うときに、入力漏れが多い。
・データ入力の漏れが内容にしてほしい。
どのような方法がいいだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・ユーザーフォームを作成して、入力をカンタンにする。

 

スポンサーリンク

ユーザーフォームを作成する

作成手順 その1 実際のユーザーフォームを確認する


上の図のようなユーザーフォームを作成します。


「開発タブ」⇒「Visual Basic」を選択します。


「挿入」⇒「ユーザーフォーム」を選択します。


ユーザーフォームの原形が完成しました。

作成手順 その2 原形のユーザーフォームを装飾する



今回は、このラベル、テキストボックス、コンボボックスを使って装飾します。


上の図のようにラベル、テキストボックスを配置します。

作成手順 その3 文字の大きさを装飾する


Fontで、文字の大きさ、文字の種類を決めることができます。


作成手順 その4 コンボボックスを作成する。

店舗と客性別が、コンボボックスになっています。


 

ユーザーフォームや、VBAでコンボボックスを作成するのは、結構面倒です。

作成手順 その5 登録ボタンに、VBAを仕込んで、WorkSheetへ反映させる


詳しくは、上の記事を参照してください。

 

これで、完成です。

スポンサーリンク

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
Excelのユーザーフォームを作成するのは、ACCESSのフォーム作成より面倒です。しかし、汎用性があるので使いこなすと便利です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
ユーザーフォームを作成すると、入力漏れを無くすことができます。それほど難しくはないので、ぜひみなさんのスキルにしてください。





今回のサンプルファイルは、No46です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事