実務上で、ACCESSを1人で利用するということは、ほとんどないと思います。

多人数で利用する場合は、どうしてもACCESSに負担がかかります。

ACCESSの作動が重くなる経験があるのではないでしょうか?

そんな時の回避方法を紹介します。

ACCESSを共有して利用するときの注意点

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

前回は、競馬のデータベースを作成する際に、入力フームのデータを再利用する場合を説明しました。

この方法は、私が1人で利用する場合の方法で、この方法が最適です。

しかし、多人数で利用する場合ですが、私の経験上は、20人が限界です。

一応、公式では、ACCESSの同時利用は、3人~5人だったと思います。

しかし、20人といかないまでも、多人数で利用する場合は、

Microsoftも、ACCESSが起動した際に、●●.laccdbというファイルの脆弱性を認める発言を認めています。

つまり、ネットワークドライブにACCESSを置いて、多人数で利用するのは、ACCESSにとって負担がかかります。

そんな時の回避方法です。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • ACCESSを多人数で利用している人
  • 一旦フォームに入力したデータを再利用したい人
  • ACCESSでVBAを勉強している人

このブログを、読み終わるころには・・・・

非連結と連結の意味が理解できます。この非連結と連結の意味が理解できなくて、困った記憶がありました。そして、非連結のテキストボックスを利用できるまでに、かなりの時間がかかりました。

ACCESSを利用するための第一歩を理解できます。

 

連結と非連結の入力フォームを利用するメリット、デメリット

連結フォームのメリット

テーブルを直接編集できるで、カンタンです。

基本所は、連結フォームをベースに記載されています。

連結フォームのデメリット

連結フォームのデメリットは、複数人で同時使用している時に重くなることです。

どうして重くなるかというと、ロックが掛かるからです。

ACCESS破損の可能性もあります。

カンタンに復旧できますけど。

非連結フォームのメリット

連結の入力フォームより、少し、難しいですが、汎用性があります。

全部入力して更新ボタン押下で入力チェックしてOKなら更新したい等に使います。

複数人での同時使用に適しています。

非連結フォームのデメリット

VBAの知識が必要です。

ExcelとACCESSの連携のコードが、記載できるなら、問題ありません。

非連結の入力フォーム 作業手順 その1 フォームを確認




スポンサーリンク
このように、すべて、非連結で作成しました。

非連結の入力フォーム 作業手順 その1 VBAを仕込む

レコードの保存ボタンに、VBAのコードを仕込みます。


非連結ボックスから、テーブルにレコードを転記するコードは似ていると思います。

このコードの肝心なところは、MsgBoxのYes,No判定で、データを残すか、データをクリアするかと判定をしているところです。


クリアするコードを、別に記載して、Callステートメントで呼び出しています。

これと言って目新しいことはありません。

番外辺 ネットワークドライブ上で、ACCESSが破損したら、どうする?

これも、あるあるです。

データべースに矛盾が生じました。

ACCESSが破損しています。

このようなデータが発生した場合の修復方法です。

ネットワークドライブ上のACCESSを、デスクトップに移動してください。

デスクトップに移動したら、ACCESSを起動してください。

デスクトップ上で普通に起動出来たら、ACCESSの修復は、完了です。

もう一度ネットワークドライブ上にもどしてください。

修復したACCESSの名前が変わっていますので、名前の変更をわすれないでください。

また、ネットワークドライブ上でもできますが、修復に時間がかかるため、デスクトップ上にで、修復したほうが賢明です。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
連結の入力フォームでも、通常利用するのは、問題ありません。しかし、多人数でACCESSを利用するときは、注意しましょう。場合によっては、非連結の入力を作成しましょう。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

重要なことは、非連結の入力フォームは、何もしなければ、テーブルに反映されません。

つまり、残す値、入力する値を選択できます。

どのような状況で、何を利用するかのスキルも、必要なのです。

今回のサンプルファイルは、No216です。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事