文字列を自由に抽出

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

Excelを操作するにあたり、文字列を抽出することはよくあります。

その際に、LEFT MID RIHGT関数を使いますが、今回は、FIND関数を使って文字を抽出します。

この方法を理解すると、名前を分ける、都道府県のみを抽出することもできるようになります。

問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は

上司から下記の依頼を受けました。

当社のサイトから、ダウンロートされている

ファイルをカウントしてほしい。

どのような関数を利用するのか?

 

解決策

回答
sesuo2.jpg
・MID関数、FIND関数、VALUE関数を使ってカウントする。

 

使用する関数

使用する関数

MID関数は、文字列の途中から抽出する関数です。

FIND関数は、指定した検索文字列を他の文字列の中で検索し、その検索文字列が最初に現れる位置を左端から数えた 位置を返します。

VALUE関数は、文字列として入力された数値を数値形式に変換する関数です。

特定の文字列抽出 作成手順その1 データベース確認

この赤丸の数字のみを抽出したのです。

抽出できれば、SUM関数で合計が可能です。

特定の文字列抽出 作成手順その2 目印(メルクマール)を探す

ここまで、できれば正解は近いです。

あとは、いかに数式を組むかの話になります。

特定の文字列抽出 作成手順その3 数式を組む

思考過程その1

思考過程その2

思考過程その3

思考過程その4

思考過程その5

思考過程その6

完成

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
複雑な関数の数式も順序よく考えると、理解できます。あとは、ジグソーパズルを組み立てるのと同じです。VBAも同じです。

 

まとめ

今回のまとめ
sesuko3.jpg
これくらいの文字列の抽出ができれば、文字列の抽出に迷うことはないと思います。VBAもワークシート関数も組み合わせが重要なのです。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事